新着記事

質問広場

意見交換広場

イベント案内

募集案内

一般記事

ブックレビュー

講演会「風力発電、世界の趨勢と日本の展望」(講師・牛山泉氏)

セクション: 
|
トピックス: 
|
タグ: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

日本風力エネルギー協会・会長の牛山泉氏による風力発電に関する講演会(2005年3月11日18時30分〜開催)のご案内です。
ご興味がおありの方はぜひご参加ください。

■■■ 大竹財団講演会「風力発電、世界の趨勢と日本の展望」(講師・牛山泉氏)■■■

入札制度や買電価格の問題で普及が阻害されている日本の風力発電を傍目に、ドイツをはじめ欧州の風力発電が昨今、急速な広がりを見せており、出力が5MWを超える大型風車の登場、さらには海上への風車建設など、クリーンエネルギーとしてだけではなく、電力の一翼を担う柱としても大きな注目を集めています。
そこで、足利工業大学の牛山泉氏を招き、世界の風力発電の趨勢、そして日本での展望についての講演会をおこないます。ぜひご参加ください。

日時: 2005年3月11日(金)18時30分〜21時00分(開場18時〜)
会場: 品川区立総合区民会館きゅりあん・第2特別講習室(東京都品川区東大井5-18-1)
<会場地図→ http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/
講演:「風力発電、世界の趨勢と日本の展望」
講師: 牛山 泉さん(足利工業大学教授兼総合研究センター長)
参加費:500円(「地球号の危機ニュースレター」購読者は無料)
※ なお、参加予約等は不要。どなたでも参加可能です。直接会場までお越しください。

お問い合わせ:
(財)大竹財団 03-3272-3900
office@ohdake-foundation.org
http://www.ohdake-foundation.org

鋼管杭の杭頭補強筋について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

鋼管杭の杭頭補強筋の施工方法について、かご筋の主筋と帯鉄筋を溶接して固定しても良いのでしょうか。
また、溶接する場合、規定はあるのでしょうか。

また、このことが載っている文献がありましたら、教えて下さい。

特殊な鉄筋継手の性能ランクについて

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

特殊な鉄筋継手(機械式継手等)について質問です。
 コンクリート標準示方書の鉄筋継手に示されている性能ランク(A〜C級、ありなし)については、土木学会に申請し、評価を受け、評価証のようなものを取得しないといけないのでしょうか?

路床安定処理工 品質管理について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

路床安定処理工の品質管理基準の必須項目で『現場密度の測定』とありますが、元になる土の締固め試験はセメント又は石灰を混合した土で最大乾燥密度・最適含水比を求めるのでしょうか?あくまで現状土でいいかとおもうのですが。

プル−フロ−リング試験について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

プルフロ−リング試験について舗装試験便覧をみました。
タイヤロ−ラ25T以上を使用し空気厚7kgf/cm2)と試験方法はかいてありました。
現場で使用するタイヤロ−ラは8T(水満載で13T)程度です。
これで試験を行う場合空気厚を変えるとかの方法で同程度の試験を行う方法はありませんか。

耐震設計上の基盤面の設定について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

耐震設計を行なう際に設定する、耐震設計上の基盤面についての質問です。
基盤面を設定するのに、地盤のN値を用いることが多々あります。
通常、粘性土層:N≧25、砂質土層:N≧50の層が深さ方向に続いていれば、この層の上面を基盤面としてます。
しかし基盤となる層が無い場合や、粘性土層:N≧25、砂質土層:N≧50の層が2〜3mあって、
再び層厚の大きい軟弱層が出てくる場合もあります。
このような場合には、基盤面をどのように設定すべきでしょうか?
また参考となる文献等ありましたら、お教え頂きたいのですが。

よろしくお願い致します。

重力式橋台コンクリートの底版と躯体の打継目

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

はじめて投稿致します。
無筋の重力式橋台のコンクリート打設においてフーチングと躯体は同時打設が望ましいのはわかりますが、型枠の設置が困難で、フーチングと躯体とを2回に分けて打つことがあるかと思います。その際、通常の打継目の処理だけで果たしてよいものかどうか教えてください。設計上でも一体のものとして設計されているはずですよね。鉄筋があれば安心なのですが(根拠はありませんが・・)無筋で打継ぎを行う場合、一体になっていないような気がしてなんだか不安です。よろしくお願い致します。

道路橋示方書?耐震設計編の標準加速度応答スペクトル

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

道路橋示方書 ?耐震設計編 のP307〜310に図示される標準地震波の最大スペクトルと記録場所は何になるのでしょうか?

鋼管杭の支持力の確認は

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

鋼管杭を打ち込むのですが支持力の確認はどのように行えばよいのでしょうか。

地域科学研究会「カーシェアリング」研修会のご案内

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー 地域科学研究会 中島 の写真

このたび地域科学研究会では、「カーシェアリング」をテーマに下記の要領で研修会を開催します。カーシェアリングの実用化、事業化に向けた情報交換の場としてご活用ください。
ご参加をお待ちしております。

地域交通シリーズ―51
『カーシェアリング実例研究―事業化とそのマーケット』

  〜自治体、地域(集合住宅等)、企業の導入手法と活用方策〜
主な内容
 ●導入実例―CEVシェアリング(東京都、神奈川県)、
          阪急彩都開発(大阪・彩都カーシェアリング)、
          りんくるカーシェアリング(愛知・名古屋市)等
 ●パネル討論―システムとまちづくりへのビルトイン(街の反応)、
           効果と展開、ネットワーク化、環境貢献

   
日 時:2005年3月3日(木)9:30〜16:45
会 場:全共連ビル・会議室  東京都千代田区平河町2-7-9 
講師陣:青木 英明氏/共立女子大学家政学部助教授
     松本 利典氏/阪急彩都開発?企画部長
     高山 光正氏/CEVシェアリング?執行役員
     見広健太郎氏/Lab.Creation!・東海求人サービス?企画開発室
参加費:一般/29,000円(1名の参加費・昼食代は含みません)
     学生参加(大学)/22,000円 
申込方法:勤務先、参加者氏名、所属部課役職名、所在地、電話、fax、
       連絡担当者、メールアドレス、支払方法、必要書類を記入
       の上送付下さい。(fax03-3234-4993可)
支払方法:現金書留・郵便振替・当日払い・請求後の振込

 ▼詳しい内容は下記HPをご覧下さい▼
  『 カーシェアリング実例研究―事業化とそのマーケット』
   http://www.chiikikagaku-k.co.jp/seminer/sub1_82.htm

◆その他の3月開催研修会(ご参照ください)
  『「 内部告発=公益通報」制度の導入』
   http://www.chiikikagaku-k.co.jp/seminer/sub1_83.htm

----------------------------------------
地域科学研究会 担当:中島偉雄

 
東京都千代田区一番町6-2ライオンズ第2−106
TEL:03-3234-1231 FAX:03-3234-4993
E-mail: nakajima@chiikikagaku-k.co.jp 
URL:http://www.chiikikagaku-k.co.jp

----------------------------------------

開口部のクラック防止策について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

PC橋の柱(柱頭部)のコンクリート打設の施工にあたり人孔1.0m×0.8mの開口部を設けるのですが脱型後開口部四隅付近にヘヤークラックが生じますので打設前に防止策等がありましたら教えてください。水平面については、ファイバー面状材的なものがあるとは、聞いていますが鉛直(壁面)の防止策は、ないでしょうか?
尚コンクリートはマスコンクリートに分類されます。配合は40-8-20Nです。

RC中の埋設鋼管位置の調査方法

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

下記について経験のある方からの提案をお願いします。

 厚さ4mのRC壁式橋脚について、耐震補強のため、橋脚基部付近に横拘束筋(PC鋼棒)が計画されている。しかし、厚さ4mの中央部付近に上水道管(200φ鋼管)が、上下方向に埋設されている。工事を実施するためには、上水道管の位置を確定し、それを避けるよう横拘束筋用の削孔位置を決める必要がある。現在、上水道管の位置を確定する現実的な調査手法を調査中である。

温度ひび割れ対策について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

温度ひび割れ対策は、専門書などにはいろいろ載っていますが、小規模なマスコンクリート工事には、実現不可能(経済的に・プラントの設備対応等)なことばかりです。
特に外部拘束型の温度ひび割れ対策で、小規模な土木構造物で実現可能な対策を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

「戦前期東アジア絵はがきデータベース」を公開しました

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

みなさま

島根県立大学メディアセンターを拠点とする「北東アジア・データベース研究会」(代表:貴志俊彦)が、本年度の成果として、
「戦前期東アジア絵はがきデータベース」を公開しました。
http://gsv.u-shimane.ac.jp/t-kishi/postcards/

メニューバーの「Select Language」から「English」を選択すれば、英語環境でご利用いただけます。

このデータベースには、戦前の「日本内地」「朝鮮」「台湾」「樺太」「満洲」「中国」「南洋」「極東シベリア」に関する絵葉書2005点を収録しています。
土木関係の絵葉書も多数収録しています。
来年度中に4000点の収録を目標としています。
ご参照のうえ、ご感想をお寄せいただければ幸いです。

貴志俊彦(島根県立大学)

路床安定処理の施工手順について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

セメント系固化材を使用し、路上混合方式にて施工する場合の質問です。
60cmの深さまで混合締固めを行うのですが、スタビライザーを使用して行う場合は60cm×1層でよいが、ミキシングホークを使用する場合は、路床の構築上1層の仕上がり厚さ20cm×3層にて施工するよう指示を受けました。
これまでに幾度と無く同様の施工をしてきましたが、ミキシングホークを使用しても1層で仕上げていました。
これは大変な間違いを犯していたのか?と思い、関係図書をいろいろ調べましたが、具体的に1層の仕上がり厚さを20cm以下にしなければならないと言った記述がなく、悩んでいます。これからは1層20cmでしなければならないのでしょうか?

ページ

JSCE.jp for Engineers RSS を購読