意見交換広場の新着記事

勾配がある床版コンクリートの打設方法の質問

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

床版コンクリートの横断勾配が10%のコンクリート打設方法について
長さ200m、幅8m、縦断勾配は1%のカーブした床版
打設に伴う注意事項や特段の配慮が必要と思われるのですが、経験が浅くどのように施工したらよいか悩んでいます。
埋設金網での滑り防止など打設方法を教授願えないでしょうか?または、参考資料、サイト等の紹介をお願いします。

鉄筋組立検査時の有効高さとは?

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

鉄筋組立検査時の有効高さとは、どこからどこまでの間隔の事ですか?
教えてください。

間知ブロック積擁壁における手すり先行足場の施工方法

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

間知ブロック積擁壁における手すり先行足場の施工方法について教えてください。

ボックスカルバートに作用する土圧について

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

ボックスカルバートに作用する土圧の適用深さはあるのでしょうか?
昭和40年代にお構築されたボックスカルバートの構造計算を行ったのですが、許容値の3倍〜4倍の応力度を示しますが、実際のボックスはひび割れが多くあるけれども崩壊はしておりません。計算結果と調査結果の考察としてどのようなことが考えられるでしょうか?

コンクリートの圧縮強度

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

コンクリートはなぜ大きな圧縮力に対して抵抗できるのでしょうか。
破壊現象を見ると,ひび割れを伴った試験体中の複数要素の分裂に見えます。
ちょうど大陸移動説にあるもともとひとつのパンゲアが現在の大陸に移動したような感じです。
コンクリートの局所的な要素は,圧縮に対しては破壊せず,この要素間で,引張やせん断による破壊を繰り返して最終的な破壊に至っているようにも思えます。
コンクリート中の応力状態が,なかなか引張やせん断による破壊状態に至らないからコンクリートは圧縮力に対して強いのでしょうか。

起工測量について。

セクション: 
|
トピックス: 
|
ユーザー taxi の写真

測量の初歩から勉強したいと思います。工事着手前に起工測量の資料を提出を求められ、平面図で測点の位置、現地盤高さ、横断の確認をして資料を作成して提出したところ内容の意味が違うようです。そこでWEBページいろいろと探しては見たのですがいまいち解りません?そこで図面を書いたコンサルにも電話入れて起工測量をお願いをしたのですが、測量屋は紹介しますが自社では作業はしませんと返事があり勉強のつもりで少しは自分で出来ないものかと思っています。座標計算はある程度できますが測量の言葉資料にする文言が出来ないような気がします。どなたか自分で資料を作成された方御教授願います。そして参考ページがあれば教えて下さい。

鋼矢板の現場溶接継手

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

仮設鋼矢板で空頭制限がある場合
短尺物の鋼矢板を継ぎながら打設することになりますが、
そのときの許容応力度は、継手箇所に補強板を溶接すれば
64%(道路土工仮設構造物工指針P-371参照)を用いてよろしいのでしょうか?
また、64%の根拠がわかればおしえていただきたいのですが
いかがでしょうか?
よろしくお願いします。

目地材

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

河川構造物の目地材は、発泡ゴムを使用となっていたと
思うのですが、どの文献に掲載されていたか
ご存知の方、教えてください
宜しくお願い致します

会員か非会員か

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

結構多くの質問が来ていて、このsiteの企画の意図に沿っていますし、運用の労を執って頂いている皆さんへの少しは報いているのではないかと感じています。
そもそもの意図は会員と市民の交流ということではなかったかと思いますが、その点からは質問者、回答者が会員か非会員かを明確にするべきではないでしょうか。
また、土木技術に関する質問ではあるのですが、内容が本来対価になる技術内容である物が多いのですが、そこまで会員技術者が非会員技術者に教えるべきかどうか、疑問に感じています。
技術の相談が出来ていいね、ということで、会員が増えるのなら良いのですが。

擁壁の標準図集

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

擁壁の標準図のCADデータを探しております。
国交省の標準図集の中に擁壁の標準図は含まれますでしょうか?
またどこで手に入りますでしょうか?

目地材

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

河川構造物の目地材は、発泡ゴムを使用となっていたと
思うのですが、どの文献に掲載されていたか
ご存知の方、教えてください
宜しくお願い致します

擁壁天端に設置する落石防護柵について

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

擁壁天端に設置する落石防護柵について質問します。
1・落石防護柵は、縦断方向の勾配変化点や平面の屈曲部にはかならず設置しなければならないとなっています。
この場合、勾配変化点に継ぎ目を設けたい場合には、その部分だけボルト式の防護柵(擁壁に防護柵用のH鋼を挿入しないタイプ)を設置することは可能なのでしょうか?
2.落石防護柵の端末支柱とこれに連続する中間支柱は擁壁天端のレベルの部分に設けるとしていますが、防護柵の天端を道路勾配と同じく計画した場合、傾斜している天端に端末支柱と中間支柱を設けても良いのでしょうか?
落石防護柵の製造メーカーの方や、上記について解決方法がわかる方投稿よろしくお願いします。

ふとんかごの設置角度

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

自社のゴルフ場で法面が崩落し、2000×1500×500のふとんかごを高さ10m設置します。
45度の角度で積み上げたいのですが、角度にマニュアル(ルール)はあるのでしょうか。

無収縮モルタルの施工について

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

鉄骨ブレースによる耐震補強工事で、ブレース周囲に打込む無収縮モルタル(グラフト)の打設方法ですが、現場では下部の中央から注入し左右横部の中央部で一度打ち込みを止めて再度上部の中央部から注入する2回で行うのですが、国土交通省の監理指針では高さ5m以内の場合、下部からのみの注入で1回で行うことになっています。
2回に分けての打込みで何か問題があるでしょうか。
打込む寸法ですが、スパン4900 高さ3150 で無収縮の厚みは200です。

現堤を切込んでの橋梁架設

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

皆様の豊富な知識をお借りできればと思い質問いたします。
現在,橋梁新設の設計を担当しています。しかし,橋梁架設位置の周辺の市街化が完成しており,橋梁架設に伴う道路の嵩上げによる周辺への影響が懸念されます。
設計の条件ですが,
・橋長45m(2スパン)
・計画流量 450m3
・堀込河道で
・堤防の高さH.W.L+約2.5m(余裕高0.8m)
・堤防の計画断面なし
という状況で,桁下にかなりの余裕があります。
通常桁厚はスパン長さの1/25程度ですので,約1.0mとなります。
現堤に桁厚1.0mの橋がかかると,道路のすりつけにより周辺の沿道家屋がかなり被害を受けます。H.W.L+余裕高を考慮しても桁下との間にはまだかなりのスペースがあります。
なんとか少しでも堤防を切下げて架設を行いたいと考えていますが,河川管理者を納得させるような記述,事例,特例などご存じないでしょうか。またどのようなストーリーで進めれば納得していただけるのでしょうか。皆様のお知恵を拝借できれば幸いです。

ページ

RSS - 意見交換広場 を購読