書店の革命です

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

これは特定の企業を広告する意図ではなく、新しい文化スタイルの紹介です。

先日新宿三越前を通りかかったら、新装されていていたので、なんとなく7、8階の書店を覗いてびっくり!

全館高架書棚で図書館の雰囲気なのです。
他の書店でも一部に導入している例もありますが、ここはほぼ全館です。
それ自体は必ずしもいいかどうか別ですが、土木のコーナーに立ちよって確信。
すばらしく能率的ディスプレー、これだけ効果的に土木の本が取り揃えてある書店は初めて。
(土木学会の本もたくさんありました。まだ不足かな?)
申し訳ないけれど、古い付き合いの新宿のK書店とは比べるべくもないほどの好印象。

店の人にお聞きしたら、新宿店は7,8階合わせて1100坪、90万冊の品揃え、
池袋店はなんと200万冊で日本1とか。
「ロンドンで類似の書店に入ったけど」と話したら、「社長が外国から仕入れたコンセプト」だとのお答え。
ある文化人に話したら「そう、あれは絶品」、「何時間も過ごすよ」と既に御用達でした。
インターネットの利用が進む中で、書店の新しいスタイル、「書店革命」!
あなたも体験して見ませんか?
(森靖之)

土木学会メールニュース#14 メコン旅行!

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー nakagawa の写真

年度末で通常研究委員会のお知らせが多いのですが、
面白そうなのはメコン旅行のリンクですね、(締め切りもう過ぎてしまってますが。)
ロボット委員会は8日です。

  土木学会メールニュース 第14号===================2005/1/28

■ トピックス ■

■平成16年新潟中越地震 被災者会員の方々へお知らせ
 詳細:http://www.jsce.or.jp/top/news_sorce/frameset.htm 
■フェロー会員の申請について(3月末締切)

          詳細:http://www.jsce.or.jp/outline/admission/fellow_invite.html
■平成17年度土木学会全国大会実施大綱
 詳細:http://www.jsce.or.jp/committee/zenkoku/h17/taiko_frame.html
■2004年度土木学会認定技術者資格審査 合格者(受験番号)の発表
 詳細:http://www.jsce.or.jp/opcet/shikaku/top3.htm#2004goukaku

■本部 行事・お知らせ■

   平成16年度 土木学会本部行事計画(調査研究部門)

       詳細:http://www.jsce.or.jp/topics/topics_27/event20041210.pdf

      本部主催行事の参加申込

                      詳細:http://www.jsce.or.jp/event/active/information.asp

     1)都市再生における建設用ロボットに関する談話会

      詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200501/gyouji/gyouji02.htm

     2)第22回建設用ロボットに関する技術講習会の開催

      詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200501/gyouji/gyouji03.htm

        3)第6回途上国の環境問題を見て考える全国学生ツアー(2004年度)募集のお知らせ

                メコン・デルタのエコツーリズムと水環境−ベトナム現地視察旅行−
     詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200501/gyouji/gyouji04.htm

     
■土木学会の交流サイト

     http://jsce.jp/
■新刊案内

              http://www.jsce.or.jp/publication/newbooks.asp

■支部 行事・お知らせ ■

    1)北海道支部

      ★平成16年度年次学術研究発表会 宿泊予約のご案内

      詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/hokkaido/_contents/active/h17/050208_2/index.html

   ★平成16年度 年次技術研究発表会「懇親会」のご案内

     詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/hokkaido/_contents/active/h17/050207/index2.htm

      ★平成16年度年次技術研究発表会プログラム(案)

            詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/hokkaido/_contents/active/h17/050208/indexhtm

    2)東北支部
  ★「平成16年度東北支部技術研究発表会」のご案内
   詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/tohoku/gijyutu-kaikoku.pdf

      ★平成16年土木学会東北支部技術研究発表会特別セッションの開催について(案)

              詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/tohoku/tokubetusession.pdf

      3)関東支部

   ★講習会「土木技術者に求められる資質と素養」

            −技術士を目指されてる方のために第16回−
   詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200501/gyouji/gyouji06.htm

    4)中部支部

      ★平成16年度土木学会中部支部研究発表会 実施概要

              詳細:http://www.jsce-chubu.jp/happyo/hppyou_16/hooyou16_gaiyou.htm

      ★平成16年度土木学会中部支部 優秀研究発表賞・技術賞候補募集
  詳細:http://www.jsce-chubu.jp/happyo/hppyou_16/kouensyo_16.htm

    5)関西支部

        ★奈良地方講演会

            詳細:http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/planning/2004/narachiho.htm

        ★平成16年度土木学会関西支部技術賞候補の説明会開催について

          詳細:http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/general/gijutsu/2004/tech2.htm

    ★平成17年度 土木学会関西支部年次学術講演会
   詳細:http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/planning/nenkou/2005_oit/

    6)中国支部

          ★平成17年度研究活動助成金公募のお知らせ
    詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200501/oshirase/oshirase25.htm
          ★平成17年度 土木学会 中国支部 通常総会開催のお知らせ

                  詳細:http://www.jscecb.com/main/14/soukai.htm

    7)四国支部
  ★平成17年度四国支部技術研究発表会の開催ならびに発表募集のお知らせ

       詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200501/oshirase/oshirase26.htm

        ★平成16年度学術講演会  

                詳細:http://www.netwave.or.jp/~doboku7/kizi/050122.pdf

        ★平成17年度土木学会四国支部研究活動助成金公募

              詳細:http://www.netwave.or.jp/~doboku7/kizi/050104.pdf

        ★平成16年度建設技術講習会のご案内「南海地震に備えて」

              詳細:http://www.ce.kochi-ct.ac.jp/jsce/prog2004/H170226/H170226.htm

    8)西部支部

        ★平成17年度土木学会西部支部への主催・共催等希望事業の調査について(お願い)
   詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/seibu/sirase/h17_01tyousa_frame.htm
  ★九集会(学生懇親会)の案内のお知らせ

            詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/seibu/sirase/h17_01kyushu_frame.htm

        ★平成16年度「技術発表会 −新技術・新工法・新材料などに関する発表会−」

            詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/seibu/sirase/h17_01sh_frame.htm
   
■会員課から■

      1.個人配信拡大のため、班員の方のE−mailアドレスをご登録をお願

              い致します。

              下記宛に、(1)会員番号、(2)氏名、(3)E-mailアドレスをご連絡下さい。

              個別でも、職場班でまとめてお送りいただいても結構です。

              会員課窓口 E-mail:member@jsce.or.jp

      2.会費・論文集購読料の自動引落のご案内

     会費・論文集購読料のお支払には、便利な自動引落を是非ご利用下さい 。
   詳細: http://www.jsce.or.jp/outline/admission/member-d.pdf

      3.住所変更はお早めに

                学会誌等がお届けできなくなりますので、住所変更届(下記PDFファイル

            をご利用下さい)に必要事項を記入の上、FAXにてお知らせ下さい。

                またE−mail(member@jsce.or.jp)にて会員番号、氏名、変更事項

                をお知らせいただいても結構です。

                毎月10日締め(休日の場合は前倒し)で処理させていただいております。

                  どうぞよろしくお願いいたします。

       http://www.jsce.or.jp/outline/admission/form.pdf

    ■継続教育制度

            ■土木学会認定継続教育(CPD)プログラムの申請手続きのご案内
    http://www.jsce.or.jp/opcet/cpd/sinsei.htm

            ■土木学会認定継続教育(CPD)プログラムの実施予定
    http://www.jsce.or.jp/opcet/cpd/cpdhpprogindex.htm

            ■Webによる学習サイト開設((独)科学技術振興機構)
    http://www.jsce.or.jp/opcet/cpd/jst.htm

  =============================================================
配信に関する手続き、ご意見等は以下のアドレスにお願いします。
<配信先変更・ご意見・ご感想、配信に関するお問合わせなど>
mailto:member@jsce.or.jp

[土木学会メールニュース]
発行:土木学会 会員・支部部門
(〒160-0004 東京都新宿区四谷1丁目(外濠公園内))

阪神淡路大震災10年 特別企画『悲しみを勇気にかえて』

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー kikaku の写真

東北放送より以下の特番に関する情報提供がありましたので、お知らせします。

(以下原文のまま掲載)
阪神淡路大震災10年 特別企画『悲しみを勇気にかえて』
2005年1月14日 よる18:55〜

あれから10年…
悲しみを勇気に変えて生き抜く人たちを追った「ドラマチック・ドキュメンタリー」
 死者・不明者6,436人、負傷者43,792人という未曾有の被害をもたらした阪神・淡
路大震災から10年目の冬を迎えます。この番組は、震災によって一度は人生を破壊さ
れた人たちが、苦境を乗り越え、前向きに生きてきたこの10年の姿を描くものです。
 1995年1月17日(火)午前5時46分の地震発生直後からの膨大なニュース映像と、実
話に基づいた再現ドラマ、そして被災者本人のインタビューなどを交え、涙と感動の
10年を再構成する本格派の「ドラマチック・ドキュメンタリー」です。
 「生き抜くことの尊さ」「家族とは、そして親子とは何か」を真正面から問いか
け、実際に震災を体験した人々、さらには震災の実感を持たない視聴者にも深い感動
と未来への希望を与える“人間賛歌” となることでしょう。
 また、震災の生々しい現場でカメラがとらえた子供たちを探し出し、10年後の今の
姿をクローズUP します。

<プロデューサーからのひとこと(薮内広之)>
 この番組を企画するにあたり、多くの被災者の方々とお会いしました。お子さんを
亡くされた方、ご両親を失った方…あの日から始まった苦難の日々は私の想像をはる
かに超えていました。時に笑顔で、時に声をつまらせながら、この10年を語ってくだ
さる方々の姿は今も私の目に焼きついています。“親子の絆” をテーマに、前向き
に生きる人たちの姿を描きたいと考えています。

<スタッフ>
製作:MBS(毎日放送)
制作協力:ワークス
プロデューサー:薮内広之(MBS)
ディレクター:竹園元(MBS)

土木学会メールニュース第12号

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー nakagawa の写真

土木学会メールニュース第12号です。
難しいセミナーの案内ばかりかと思いきや、
イブニングシアターのお知らせなど、
一般向け・エンターテインメント系の情報もありますので参照してください。

土木学会メールニュース 第12号===================2004/12/27土木学会メールニュース第12号をお送りいたします。

                                       土木学会 会員・支部部門

    ■ トピックス ■

      ■ 平成16年新潟県中越地震 被災者会員の方々へお知らせ

            ―正会員(個人)・学生会員の平成17年度土木学会会費の免除について―

            詳細:http://www.jsce.or.jp/top/news_sorce/frameset.htm

      ■平成17年度土木学会全国大会実施大綱

              詳細:http://www.jsce.or.jp/committee/zenkoku/h17/taiko_frame.html

      ■平成16年度土木学会賞応募要領

     詳細:http://www.jsce.or.jp/outline/syou/2004/frameset.htm

   ■平成16年度新潟県中越地震災害緊急調査団

     詳細:http://www.jsce.or.jp/report/32/index.html

   ■「国内外4豪雨災害に関するフォーラム」を6都市で開催

     詳細:http://donko.civil.tohoku.ac.jp/2004suigai/suigai1.html 

        ■土木学会創立90周年記念事業の報告

                詳細:http://www.jsce.or.jp/90/info.htm 

  ■本部 行事・お知らせ■

   平成16年度 土木学会本部行事計画(調査研究部門)

       詳細:http://www.jsce.or.jp/topics/topics_27/event2004.pdf 

   1)土木情報モデリングセミナー 〜UMLの基礎からCAD/GISへの応用まで〜

              詳細:http://www.jsce.or.jp/committee/cceips/event02/05modeling/seminar.html

   2)第22回イブニングシアター

     詳細: http://mme.kitera.ne.jp/

      3)「岩盤崩壊の考え方に関する講習会」開催のお知らせ

              詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200412/gyouji/gyouji01.htm

      4)「第34回岩盤力学に関するシンポジウム」の開催のご案内

              詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200412/gyouji/gyouji03.htm

      5)『安全で経済的な施工計画を行うための講習会』

            −鋼構造物の架設計画と施工に関する講習会(その1)−

              詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200412/gyouji/gyouji06.htm

      6)土木デザインワークショップ2005「美しい風景をつくる現場―自然・地域・人―」

              詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200412/gyouji/gyouji07.htm

      7)2005年度・河川技術に関するシンポジウム

            ―新しい河川整備・管理の理念とそれを支援する河川技術に関するシンポジウム―の開催と

            「河川技術論文集第11巻」の論文募集

            詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200412/oshirase/oshirase23.htm

      8)第30回海洋開発シンポジウム講演募集

              詳細:http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200412/oshirase/oshirase27.htm

         

   ■土木学会の交流サイト

     http://jsce.jp/

      ■新刊案内

              http://www.jsce.or.jp/publication/newbooks.asp

      ■支部 行事・お知らせ ■

        1)中部支部

     ★土木学会中部支部調査研究委員会(平成17年度)募集

       詳細:http://www.jsce-chubu.jp/happyo/04tyousakenkyu.htm

                ★「土木技術者に求められる姿」― 技術士資格取得のために ―

       詳細:http://www.jsce-chubu.jp/gyoji/H16/gijutu.html 

                ★土木技術者・研究者による出前講座

                      詳細: http://www.jsce.or.jp/branch/chubu/demae/03demae/03demaeinfor.htm

        2)関西支部

      ★平成16年度 新春講演会・交流会

        詳細: http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200411/gyouji/gyouji11.htm

                    ★平成16年度施工技術報告会 主題「最近の建設技術と施工事例」

                          詳細:http://www.jgskb.jp/newjgs2/japanese/sekougijyutu/index.htm

                    ★高専学生対象講演会

                          詳細:http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/planning/2004/kosen.htm

                    ★奈良地方講演会

                          詳細:http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/planning/2004/narachiho.htm

      ★平成16年度土木学会関西支部技術賞候補の説明会開催について 

                          詳細:http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/general/gijutsu/2004/tech2.htm

                    ★平成17年度 土木学会関西支部年次学術講演会

                            詳細:http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/planning/nenkou/2005_oit/

                    ★地震防災フォーラム'04〜昭和東南海地震60周年・阪神淡路大震災10周年にあたって〜

                            詳細:http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/seminars/2004/ceorka0128.htm

                    ★内外4豪雨災害に関するフォーラム in 京都

                            詳細:http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/seminars/2004/suigai0201.htm

   3)中国支部

                  ★国内外4豪雨災害に関するフォーラムin広島のご案内

                        詳細: http://www.jscecb.com/main/14/kokunai.htm

               ★岩盤崩落の考え方に関する講習会

        詳細:http://www.jscecb.com/main/13/ganban.htm

        4)四国支部

       ★平成17年度技術研究発表会開催ならびに発表募集のお知らせ

                      ★市民フォーラム「南海地震を考える−新潟県中越地震に学ぶ−」

        ★技術交流会「市民参加の運営技術 経験とその評価」

                            詳細:http://www.netwave.or.jp/~doboku7/

                      ★平成16年度建設技術講習会のご案内

                              詳細:http://www.ce.kochi-ct.ac.jp/jsce/prog2004/H170226/H170226.htm

        5)西部支部

                ★西部支部研究発表会の電子申込・投稿受付と注意事項について

                      詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/seibu/sirase/h16_12seibutoukou_frame.htm

                ★西部支部研究発表会の講演申込要領と原稿執筆要領の案内のお知らせ

                      詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/seibu/sirase/h16_12seibumousikomi_frame.htm

                ★平成16年度西部支部研究発表会の開催と講演募集

                      詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/seibu/sirase/h16_11seibu_frame.htm

                ★平成16年度西部支部技術賞候補募集のお知らせ

                      詳細:http://www.jsce.or.jp/branch/seibu/sirase/h16_08kouho1_frame.htm

              ★平成16年度西部支部奨励賞候補応募のお知らせ

                      詳細: http://www.jsce.or.jp/branch/seibu/sirase/h16_08kouho2_frame.htm

     ★平成16年度西部支部研究発表会の開催と論文募集

       詳細: http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200410/oshirase/oshirase28.htm

  ■会員課から■

    1.会員継続のお願い

            12月上旬に、平成17年卒業予定の学生会員宛に会員継続依頼のハガキをお

            送りしました。

            ご卒業後もぜひ会員を継続されるようお願い致します。

    2.平成16年度第2回フェロー会員申請のご案内

            申請締切:3月31日

              詳細: http://www.jsce.or.jp/outline/admission/fellow_invite.html

    3.学会誌来年1月号より発送はフィルムラッピングに変わります。

              これまで紙の封筒で学会誌をお送りしておりましたが、2005年1月号より

              ビニール包装にてお届けいたします。

    4.個人配信拡大のため、班員の方のE−mailアドレスをご登録をお願

                い致します。

              下記宛に、?会員番号、?氏名、?E-mailアドレスをご連絡下さい。

              個別でも、職場班でまとめてお送りいただいても結構です。

              会員課窓口 E-mail:member@jsce.or.jp

      5.会費・論文集購読料の自動引落のご案内

     会費・論文集購読料のお支払には、便利な自動引落を是非ご利用下さい。

                ご変更及び新規申込を1月末までに手続きいただきますと、4月25日の引落に

                間に合います。
    詳細: http://www.jsce.or.jp/outline/admission/member-d.pdf

      6.住所変更はお早めに

              学会誌等がお届けできなくなりますので、住所変更届(下記PDFファイル

          をご利用下さい)に必要事項を記入の上、FAXにてお知らせ下さい。

              またE−mail(member@jsce.or.jp)にて会員番号、氏名、変更事項

              をお知らせいただいても結構です。

              毎月10日締め(休日の場合は前倒し)で処理させていただいております。

                どうぞよろしくお願いいたします。

      http://www.jsce.or.jp/outline/admission/form.pdf

    ■継続教育制度

            ■土木学会認定継続教育(CPD)プログラムの申請手続きのご案内
    http://www.jsce.or.jp/opcet/cpd/sinsei.htm

            ■土木学会認定継続教育(CPD)プログラムの実施予定
    http://www.jsce.or.jp/opcet/cpd/cpdhpprogindex.htm

            ■Webによる学習サイト開設((独)科学技術振興機構)
    http://www.jsce.or.jp/opcet/cpd/jst.htm

  =============================================================
配信に関する手続き、ご意見等は以下のアドレスにお願いします。
<配信先変更・ご意見・ご感想、配信に関するお問合わせなど>
mailto:member@jsce.or.jp

[土木学会メールニュース]
発行:土木学会 会員・支部部門
(〒160-0004 東京都新宿区四谷1丁目(外濠公園内))

フランスで世界一高い橋完成

セクション: 
|
ユーザー nakagawa の写真

日本であまり大きく取り上げられていませんが、フランスで世界一高い道路橋が完成し先日開通しました。

世界一高いというのは、このサイト(discovery.com)に拠れば
・道路路面(桁上面?)の高さ(地上から270メートル)
・橋塔の高さ(地上から343メートル)
・多経間の斜張橋の区間長(2.46km)
の3点だそうです。
なお、路面高さの世界一は320メートル(Royal Gorge Bridge、米国コロラド州)
ですが、これは歩行者用のつり橋だそうです。

この橋の完成により、これまでの最大である、明石海峡大橋(本州四国連絡橋公団)の主塔高さ288m、、多々羅大橋(本州四国連絡橋公団)の斜張橋区間長1.48kmが更新されたということでした。
なお、日本一の道路路面高さの橋は、東海北陸自動車道 鷲見川橋(日本道路公団)で118mということです。

余談ですが、なぜこんなに高くなってしまうか、というのは、いちいち上ったり下ったりしていると自動車の走行効率が悪くなってしまうところが大きく、古くはローマの時代から道路は出来るだけ平坦に造ることが基本とされています。
さらに現代ではサグなどの問題(国土交通省国土技術政策総合研究所道路研究部道路研究室)が発生するから、とも言えるでしょう。

この橋梁は有料道路で、民間セクターのEiffage社によるBOT(おそらく)で建設され、75年間の運営権が与えられています。橋梁の「保証期間は120年間」と報道(CNN.com)されてしまうのも日本ではあまり例の無いところでしょうか。

中越地震「調査結果と緊急提言」の公表

セクション: 
|
トピックス: 
|
タグ: 
ユーザー nakagawa の写真

先日(2004年12月10日)、土木学会・平成16年新潟県中越地震災害緊急調査団のページ平成16 年 新潟県中越地震 社会基盤システムの被害等に関する総合調査「調査結果と緊急提言」I 報告・提言編(pdf)が公表されました。

中身を読んでみると、大規模な地すべり、新幹線の営業車両の脱線、低密度・高齢化地域の被災、行政・NPOの活動など、土木構造物に関する被災報告だけではなく災害マネジメントの状況まで調査してあり、緊急報告として網羅的な報告かつ充実した報告内容になっています。

2章では何がどのように壊れたか、どのように問題が発生しているのか、などがわかりやすく書かれています。テレビ・新聞で断片的に報道されるものよりもわかりやすく、また、今後の資料ではGIS情報として情報提供されるようです。
あわせて、3章では今後の設計における安全対策についての緊急提言がまとめられています。

被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、このような緊急提言をまとめられた会員諸氏のご尽力に敬意を表します。

土木PR-DVDビデオ「土木新時代−明日の世代への贈り物−」

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー kikaku の写真

 土木学会では本年11月に創立90周年を迎え、幾つかの記念事業を実施いたしました。
 その一つとして土木PR-DVDビデオ「土木新時代―明日の世代への贈り物―(本編30分)」の制作を行いました。内容は、私たちの暮らしに無くてはならない土木の仕事をわかりやすく紹介したものです。代表的な土木の仕事を取り上げるだけでなく、活躍する土木技術者による解説も含まれています。土木の仕事を教育の現場で説明するときだけでなく、進学、就職時の進路指導などにも利用できるような内容になっています。

本DVDを希望者に送料自己負担にて配布します。
 申込方法は、必要事項(件名:土木新時代希望・住所・氏名・年齢・職業・電話番号・FAX・e-mailアドレス)を明記の上、送料分切手(180円)同封の上、封書にて申し込みください。

申込先ならびに問合先:(社)土木学会 事務局企画広報室
 〒160-0004 東京都新宿区四谷一丁目 外濠公園内 
  TEL 03-3355-3433 FAX 03-5379-2769 Email isi@jsce.or.jp

今夕のNHK「クローズアップ現代」放送情報

セクション: 
|
トピックス: 
|
タグ: 
ユーザー kikaku の写真

 本日、10月25日(月)の「クローズアップ現代」(NHK,東京で1チャンネル)19:30〜20:00において、平成16年新潟県中越地震(特に新幹線)のことが放送され、土木学会災害緊急調査団(小長井一男団長)の活動なども取り上げられる予定です。是非、ご覧下さい。

「平成16年新潟県中越地震」に対する第1次調査団の派遣について

セクション: 
|
トピックス: 
|
タグ: 
ユーザー kikaku の写真

 土木学会(会長 森地 茂)は、2004年10月23日夕刻に新潟県中越地方で発生した強い地震の被害に関して、(社)地盤工学会と協力して調査を行なうこととし、団長以下が現地調査を開始した。 今後はこの調査団を拡充し、土木施設等の被災状況、その原因および関連事象の調査・分析を実施して、今後の地震防災・減災と科学技術上の知見に資することとしている。
 調査速報は、ホームページおよび学会誌にて報告の予定。

1.団員構成
    (氏 名)   (所 属)         (専門分野)
団 長:小長井一男 東京大学生産技術研究所 教授   耐震構造学
副団長:大塚  悟 長岡技術科学大学 助教授     防災工学・地震工学
団 員:後藤 洋三 (独)防災科学技術研究所 
           川崎ラボラトリー所長      地震防災工学
    国生 剛治 中央大学 教授           地震地盤工学
    海野 隆哉 長岡技術科学大学 教授      防災設計工学(鉄道)
    澤田 純男 京都大学防災研究所 助教授    地震工学
    本田 利器 京都大学防災研究所 助手     地震工学
    高橋 良和 京都大学 助手          地震工学
   (団員名は、順不同。10月24日時点での構成であり順次拡充の予定)

2.取材窓口
  小長井 (大学電話) 03−5452−6142
      (携帯電話)090−1040−1271

3.速報会等
 調査速報は、順次土木学会ホームぺージ(http://www.jsce.or.jp)および学会誌に発表する予定。
 速報会の日時、二次調査団等については未定。

4.土木学会の窓口は、下記へお願いします。
   総務課長 竹田 office@jsce.or.jp
  企画広報室長補佐 石郷岡 inf@jsce.or.jp

(2004年10月24日発表)

土木学会・平成16年10月台風23号災害緊急調査団派遣について

セクション: 
|
トピックス: 
|
タグ: 
ユーザー kikaku の写真

土木学会では、このたびの台風23号による災害について、以下のとおり災害緊急調査団を派遣する運びとなりました.

1.目的
平成16年10月20日から21日未明にかけて、日本列島を縦断した大型の台風23号は、九州、中国、四国、近畿、東海地方を中心に土砂崩れや河川の氾濫などの被害をもたらした。
特に兵庫県豊岡市では市内を流れる円山川の堤防が決壊し、泥を含んだ水が大量に流れ出して1,000世帯以上が水に浸かった。また京都府舞鶴市でも国道175号線一帯が水に浸かるなど、甚大な被害を発生させた。
土木学会では、井上和也京都大学教授を団長とする、土木学会台風23号災害緊急調査団を組織して総合的な災害調査に当たる。
本調査では、今回の洪水発生のメカニズム、防災施設の状況、避難体制の実態なども踏まえ、学術的視野に立ってこれらを明らかにし、今後の防災対策等に資する事を目的とする。

2.調査地域、報告会など
 兵庫県豊岡市、京都府舞鶴市での災害を中心として調査を行う。現時点では、中間報告ならびに速報会の日時は未定。

3.調査団長等
団 長 井上和也 京都大学防災研究所教授(河川工学)
副団長 戸田圭一 京都大学防災研究所教授(都市耐水・水工設計学)
副団長 中川 一 京都大学防災研究所教授(土砂水理学)

当面、取材等は副団長の戸田教授へお願いします。
電話番号 大学:0774−38−4136
       携帯:090−7760−0526

4.土木学会の窓口は、下記へお願いします。
   総務課長 竹田 office@jsce.or.jp
   企画広報室長補佐 石郷岡 inf@jsce.or.jp

特許審査官(任期付き審査官)の採用について

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー kikaku の写真

 この度特許庁より、特許審査官(任期付き審査官)の採用について、以下の連絡がありましたのでお知らせいたします。

 知的財産立国に向けた国家戦略の中核を担う特許庁では、世界最高水準の迅速・的確な特許審査の実現のため、優れた専門知識を有する方々を来年度も、任期を限って特許審査官(任期付き審査官)として採用することとなりました。

 詳細は、以下の特許庁のホームページを参照ください。
 http://www.jpo.go.jp/shoukai/saiyou/tokkyo_ninkituki.htm

技術論文などフリーでダウンロードできます。

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

[事務局注: 個別サイトの紹介は原則おことわりするのですが、紹介
頂いたサイトにはWebセミナーというコーナーもあり参考となると考
えます。なお、一括印刷用ダウンロードには名前、住所、電話番号、
E-Mailの入力が必要です。]

建設系のおすすめWEBセミナーを紹介します!
資料もダウンロードできるので、是非ご覧下さい!
建設技術者の方にはかなり有用かと思いますよ。

■■建築・土木のための構造最適化入門■■
http://www.civil-eye.com/report/kouza/osaki/overview.htm

■■目でみる基礎「弾塑性論」と「土木振動学」■■
http://www.civil-eye.com/report/kouza/wakai/overview.htm

■■性能照査型設計法に基づく橋梁設計の基礎知識と応用■■
http://www.civil-eye.com/report/kouza/sugiyama/overview.htm

交通基盤情報ビジネス小委員会 ウェブサイト開設

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー miyata の写真

土木学会 情報利用技術委員会 交通基盤情報ビジネス小委員会(委員長:浦野 隆)では,2004年9月1日(水)より,小委員会のウェブサイトを開設しました。

  交通基盤情報ビジネス小委員会 ウェブサイト

小委員会の研究成果や報告書,活動状況等を,タイムリーに公開していきます。また,ITS(高度道路交通システム)に関する情報の“道しるべ”として,関連ウェブサイトへのリンク等も充実させる予定です。ご愛読のほどお願い申し上げます。

なお,当ウェブサイトは新着情報のRSS(RDF Site Summary)を提供しています。JSCE.jpでユーザ設定を行えば,当ウェブサイトのRSSを読み取って,JSCE.jp のページの左右にある「スラッシュボックス」に,更新情報を表示することができます。お試しください。

新潟・福島豪雨および福井豪雨災害に関する調査団派遣

セクション: 
|
トピックス: 
|
タグ: 
ユーザー kikaku の写真

 土木学会では、平成16年7月23日に水工学委員会(http://hywr.kuciv.kyoto-u.ac.jp/jsce-suiri.html)との連携のもとに、新潟・福島豪雨および福井豪雨災害に関する調査団派遣を決定。
 調査団の詳細は、土木学会ホームページの災害速報のページ http://www.jsce.or.jp/report/ を参照下さい。
 調査速報は、学会誌および上記ホームページにて報告の予定。

映画「ほたるの星」を見て

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

森 靖之です。
 先日「ほたるの星」(菅原浩志監督作品)という映画を見ました。
 懐かしい木造校舎の小学校(萩の明倫小学校?)を舞台に、子供達と小澤征悦ふんする新任教師の展開する人間ドラマです。山口県内の棚田、山村あるいは柳井市などが舞台になっていて、地元では昨年上映されたのでご覧になった方もあるかもしれません。
 子供達と新任教師でほたるを飛ばそうという大プロジェクトを始めます。そこには父兄や同僚教師の反対、悪がきのいたずら、母を無くした子の献身などが情緒豊かに描かれています。
 ところが、ほたるの幼虫を放そうとする川を拡幅しコンクリートで固めるという事業が始まります。子供達の署名などで結局延期になり、翌年の梅雨時期、何千何万の蛍が舞うというところで物語は終わります。このときの河川課の対応ぶりがステレオタイプの役人として描かれているので、物語とは知りつつも笑ってしまいましたが、あとで少し深刻になりました。「もう決まったことだから反対してもだめ」といったものでした。

 物語に議論は不要かもしれませんが、現実はどうなのでしょう?河川の現場でもしそのようなことが起きたらどうするのか興味あるところでした。
 道路でも、いわゆるローカルルールの導入により現地に即した設計を行なうことが奨励されていますが、地方の自治体には伝わっていない印象を持っています。新河川法の考えは全国に伝わっているのでしょうか?

 なおこの映画は、新宿武蔵野館で7月2日まで終日、以降は朝9時のみ。また東上線板橋のワーナーマイカルシネマ板橋で7月中旬まで上映しているとのこと。

ページ

RSS - 一般記事 を購読