公道開放,もっとオープンカフェを 政府方針

セクション: 
|
ユーザー miyata の写真

政府の経済財政諮問会議は11月21日,道路や河川などの公共施設を民間業者が利用しやすくするための規制緩和策を打ち出しました。政府の地域再生本部が年内に策定する「地域再生基本方針」にも盛り込むそうです。
現在は道路法の規定により,例えば歩道でカフェを開くには道路管理者の許可が必要ですが,許可できる施設は「電柱」「郵便差出箱」などと限定され,カフェなどは含まれていません。規制緩和が実現すれば,欧米の都市のように歩道や道路を利用したカフェが増えるなど,道路空間の多目的・高付加価値の利用が進み,経済活性化にも役立つことでしょう。

・平成15年11月21日 朝日新聞[注1] 公道開放,もっとオープンカフェを 政府方針

注1: 「サイト内検索」で“公道開放”を検索して表示可

高速道路は将来も国保有 政府の道路公団民営化案

セクション: 
|
ユーザー miyata の写真

政府は,年内に決定する道路関係四公団民営化の具体案について,高速道路を管理・運営する民営化会社が民営化後10年をめどに行う高速道路資産の買い取りを認めず,引き続き国の保有とする方針を固めました。

昨年12月に民営化推進委員会がまとめた最終報告書は「民営化会社が10年後をめどに道路資産を買い取る」と明記。これに関して「高速道路だけ民有地というのは道路交通行政として一貫性を欠く」との指摘があることや,災害時などの安全保障上の観点から国が保有することが望ましいと判断したそうです。

・平成15年11月7日 Yahoo! ニュース 高速道,将来も国保有 政府の道路公団民営化案

土木学会職場班メールニュース 第19号

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー nakagawa の写真

職場班ニュースを転載します。いろいろなニュースが満載です。

個人向けメールニュースが12月末開始するようです。
どのようなシステムになるのかわかりませんが、
どうも混在しているような気がします。
土木学会職場班メールニュース 第19号=======================2003/10/31
---------------------------------------------------------------
土木学会職場班班長各位
 土木学会職場班メールニュース第19号をお送り致します。
 ご多用中恐れ入りますが、貴職場班メンバーにご紹介下さるようお願い申し
上げます。

                                                             土木学会 会
員・支部部門

■トピックス■

    1.会費・論文集購読料の自動引落のご案内
   会員各位におかれましては、自動引落を是非ご利用下さい。
   詳細: http://www.jsce.or.jp/outline/admission/member-d.pdf

    2.個人会員宛「土木学会メールニュース」配信開始のご案内
   配信開始:12月末
   詳細: http://www.jsce.or.jp/outline/admission/mail_news.pdf

    3.平成15年度「土木の日」および「くらしと土木の週間」のご案内

              詳細: http://www.jsce.or.jp/topics/topics_22/frameset.htm

    4.平成15年度土木学会賞応募要領のご案内

                応募締切:2004年1月20日
   詳細: http://www.jsce.or.jp/outline/syou/2003/bosyu.html

    5.西山芳一写真展「タウシュベツ」のご案内
   詳細: http://www.jsce.or.jp/library/photo-tau/taushubetsu.html

    6.「トルコ地震被害調査団」報告書
   詳細: http://www.jsce.or.jp/report/19/index.html

    7.2003年度2級技術者資格審査筆記試験問題(択一式)のご紹介
   詳細: http://www.jsce.or.jp/opcet/shikaku/2003/2/mondai.htm

             

    8.継続教育制度

            ■土木学会認定継続教育(CPD)プログラムの申請手続きのご案内
    http://www.jsce.or.jp/opcet/cpd/sinsei.htm

            ■土木学会認定継続教育(CPD)プログラムの実施予定
    http://www.jsce.or.jp/opcet/cpd/cpdhpprogindex.htm

            ■Webによる学習サイト開設(科学技術振興事業団)
    http://www.jsce.or.jp/opcet/cpd/jst.htm

    9.土木学会論文集定期購読者募集

              http://www.jsce.or.jp/outline/admission/invite.html#ronbun

   

  10.新刊案内

              http://www.jsce.or.jp/publication/new/new2003.html

            ■トンネル・ライブラリー13 都市NATMとシールド工法との境界領域

                  −荷重評価の現状と課題−(10月発行)

            ■2003年版全国土木系教官・教員名簿[大学・短大・高専](9月発行)

            ■トンネルの変状メカニズム(9月発行)

                       
■ご案内■

    1.本部行事

            http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/

   

      1)第5回複合構造の活用に関するシンポジウム

              期日・会場:11月6日〜7日・土木学会講堂(東京)

              詳細: http://www.jsce.or.jp/committee/st/comp_ren/right.htm

      2)第4回計算力学小講習会「有限要素の性質とその評価」

              期日・会場:11月10日・土木学会講堂(東京)

              詳細:
http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200310/honbu/honbu01.htm

      3)「コンクリート標準示方書[維持管理編]に準拠した維持管理マニュアル

            (その1)および関連資料の発刊」ならびに「エポキシ樹脂塗装鉄筋を用いる

            鉄筋コンクリートの設計施工指針の改訂」に関する講習会

              期日・会場:11月10日・野口英世記念館(東京)

              詳細:
http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200309/honbu/honbu10.htm

      4)日中舗装技術ワークショップ

              期日・会場:11月11日〜14日・

                                              中央大学後楽園キャンパス3号館10階31008会議室(東京)

              詳細: http://const.civil.chuo-u.ac.jp/lab/highway/japanchina/

      5)第40回環境工学研究フォーラム
   期日・会場:11月14日〜15日・和歌山大学システム工学部

              詳細: http://www.jsce.or.jp/committee/eec/40forum_pro.html

      6)第50回海岸工学講演会記念特別シンポジウム

            「海岸工学の新たな発展に向けて」

              期日・会場:11月17日・中央大学駿河台記念館(東京)

              詳細: http://www.cvg.ynu.ac.jp/~cec/conf/50/program_50.pdf

      7)第50回海岸工学講演会

              期日・会場:11月18日〜20日・中央大学駿河台記念館(東京)

              詳細: http://www.cvg.ynu.ac.jp/~cec/conf/50/program_50.pdf

      8)第21回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会

            −変革への挑戦〜新時代における市民とシビルエンジニアのあり方−

              期日・会場:11月25日〜26日・北海道大学学術交流会館

              詳細:
http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200310/honbu/honbu04.htm

      9)第28回土木計画学研究発表会・秋大会

              期日・会場:11月27日〜29日・豊橋技術科学大学

              詳細: http://www.jsce.or.jp/committee/ip/index.htm

  10)「これからの舗装評価方法」に関する講習会

              期日・会場:11月28日・興和ビル第3〜第5会議室(新潟会場)

                                              12月5日・大阪科学技術センター4階404号室(大阪会場)

              詳細:
http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200310/honbu/honbu07.htm

  11)第5回地震防災技術懇話会

              期日・会場:12月1日・土木学会講堂(東京)

              詳細:
http://www.jsce.or.jp/journal/kaikoku/m200310/honbu/honbu08.htm

  12)「水理公式集例題プログラム集」講習会

              期日・会場:12月2日・北海道開発土木研究所講堂

              詳細: http://donko.civil.tohoku.ac.jp/hydr_prog/program.html

  13)第21回建設用ロボットに関する技術講習会

          −維持管理に関連した自動化・ロボット化の現状と展望−

              期日・会場:12月2日・土木学会講堂(東京)

              詳細:
http://www.jsce.or.jp/committee/robot/lifeline/kouen%20puroguramu.doc

  14)第8回設計工学に関するシンポジウム

              期日・会場:12月4日〜5日・土木学会講堂(東京)

              詳細: http://www.jsce.or.jp/committee/st/tcpc/sympo/index.html

  15)「トンネルの変状メカニズム」発刊に伴う講習会

              期日・会場:12月5日・ガーデンパレス(福岡会場)

              詳細: http://www.jsce.or.jp/committee/rm/Announce/tunnel.htm

    2.本部委員会活動

            http://www.jsce.or.jp/committee/frameset.htm

      1)「土木建設技術シンポジウム2004」講演論文等の募集

              期日・会場(予定):2004年7月・東京都内

              申込締切:11月21日

              詳細: http://www.jsce.or.jp/committee/sekou/sub4/sympo04/index.htm

       

    3.支部行事

     

      1)中部支部
     

              ★2003年度土木技術者・研究者による出前講座

                    詳細:
http://www.jsce.or.jp/branch/chubu/demae/03demae/03demaeinfor.htm

      2)関西支部

                   

              ★会員対象見学会「南阪奈道路工事現場」
     期日:11月21日

                    詳細:
http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/planning/2003/kaiin.htm

              ★FCCサロン「自転車ツーキニストから見た土木」
     期日・会場:12月1日・大阪府立女性総合センター

                    詳細:
http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/fcc/2003/fcc2003.htm

              ★コンクリート構造の設計・施工・維持管理の基本に関する研修会
     期日・会場:12月4日〜5日・大阪科学技術センター大ホール

                    詳細:
http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/seminars/2003/kenshu.htm

              ★FCCフォーラム「土木の新たなフロンティア開拓と将来像」
     期日・会場:12月12日・建設交流館グリーンホール

                    詳細:
http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/fcc/2003/fcc1212.htm
   ★平成15年度施工技術報告会 主題「最近の建設技術と施工事例」
     期日・会場:2004年1月16日・建設交流館グリーンホール

                    詳細:
http://www.jscekc.civilnet.or.jp/secretaries/seminars/2003/sekou0116.htm

      3)中国支部
     

              ★平成15年度工事報告会「鳥取県における社会資本整備の現状とその未来」
     

      期日・会場:11月21日・ウェルシティ鳥取

                    詳細: http://www.hiroshima-cdas.or.jp/jscecb/kouji/index.html

              ★橋の動的耐震設計に関する講習会(広島会場)

      期日・会場:12月5日・広島市まちづくり市民交流プラザ

                    詳細: http://www.hiroshima-cdas.or.jp/jscecb/training/index.html

                 

      4)四国支部    

              ★徳島地区行事「第3回技術講習会」

                      鋼・コンクリート複合構造物における接合部の力学     

      期日・会場:11月7日・徳島大学工学部K棟309教室

                    詳細:
http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/www/wwwjsce7/tokushima/events/20031117.html

              ★愛媛地区「講演会および産官学技術交流会」     

      期日・会場:11月21日・松山全日空ホテル

                    詳細:
http://www.cee.ehime-u.ac.jp/~jsce/sangaku_gijutu_koryu15.htm

              ★徳島地区行事「平成15年度地域防災シンポジウム」

                      テーマ「洪水災害に備える」     

      期日・会場:11月23日・阿南市文化会館

                    詳細:
http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/www/wwwjsce7/tokushima/events/20031123.html

      5)西部支部
    

              ★平成15年度講習会「九州の将来像と今後の社会資本整備について」   
  

      期日・会場:11月27日・九州エネルギー館

                    詳細:
http://www.jsce.or.jp/branch/seibu/sirase/h15_11kousyuu/h15_11kousyuu.htm

              ★平成15年度研究発表会の講演募集

                    期日・会場:2004年3月6日・日本文理大学
     申込締切:12月1日

                    詳細:
http://www.jsce.or.jp/branch/seibu/sirase/h15_kenkyuhapyou/h15_kenkyuhapyou.
htm

                                     
■会員課から■

    1.15年度会費再々請求のご案内

              会費未納の会員におかれましては、10月初旬に会費再々請求書をお送り

              しました。お早めにお納め下さるようお願い申し上げます。

 

    2.住所変更はお早めに

              学会誌等がお届けできなくなりますので、住所変更届(下記PDFファイル

              をご利用下さい)に必要事項を記入の上、FAXにてお知らせ下さい。

      http://www.jsce.or.jp/outline/admission/form.pdf

    3.会員増強にご協力を

              「個人会員・法人会員の特典」「学生会員の特典」を作成しました。

              入会勧誘にご利用下さい。
   http://www.jsce.or.jp/outline/admission/invite.html

    4.土木学会インターネット入会申込受付サービスのご案内

              入会申込には、インターネット入会申込受付サービスをご利用下さい。
   http://www.jsce.or.jp/outline/admission/mem_p_f.html
=============================================================
配信に関する手続き、ご意見等は以下のアドレスにお願いします。
<配信先変更・ご意見・ご感想、配信に関するお問合わせなど>
mailto:member-mn@jsce.or.jp

[土木学会職場班メールニュース]
発行:土木学会 会員・支部部門
(〒160-0004 東京都新宿区四谷1丁目無番地)

横浜市営地下鉄 全席を優先席に

セクション: 
|
トピックス: 
|
タグ: 
ユーザー miyata の写真

横浜市営地下鉄では,平成15年12月1日より,すべての座席を優先席にすることになりました。優先席のあり方を検討した結果,マナーの原点に立ち返り,誰もが気楽に席を譲り合える車内環境を作るとの考えから,実施に至ったそうです。

全国の公共交通機関に波及するかもしれません。

横浜市営地下鉄は全席を優先席にします!(PDF形式:55KB)(横浜市交通局)

第28回土木計画学研究発表会・秋大会の開催について

セクション: 
|
トピックス: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

第28回土木計画学研究発表会・秋大会のご案内

土木計画学研究委員会では平成15年度の秋大会を2003年11月27日(木)〜29日(土)の3日間、豊橋技術科学大学にて実施いたします。
研究発表会の開催案内

1.主催 土木学会(担当:土木計画学研究委員会)

2.期日 2003年11月27日(木)〜11月29日(土)

3.会場 豊橋技術科学大学
     所在地:〒441−8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1−1

  名古屋空港〜名古屋駅 連絡バス利用 所要時間約30分 料金870円
  名古屋駅〜豊橋駅 新幹線こだま利用 所要時間約35分 料金2,230円
  名古屋空港〜豊橋駅 高速バス利用 所要時間約100分 料金2,500円
  豊橋駅〜豊橋技術科学大学 定期バス利用 所要時間約25分 料金430円

4.参加方法 参加申し込み用ホームページ(http://www.academies.jp/gakkai/pip28/attend.html)からお申し込みください。

5.参加費 一般6,000円、学生3,000円

6.テキスト CD−ROMを参加申込と引き換えに配布します(10月末に発送予定)

講演プログラム、その他内容につきましては、土木計画学研究委員会ホームページ(http://www.jsce.or.jp/committee/ip/index.htm)よりお知らせしておりますので、ご参照ください。

「03年十勝沖地震調査団」調査速報について

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー ishigooka の写真

土木学会では、2003年9月26日に北海道地方を中心として発生した強い地震の被害について、土木学会災害緊急対応部門に地震工学委員会、コンクリート委員会、海岸工学委員会を中心とする合同調査団を編成し、地震動、津波の実態やその被害状況について現地調査団(団長:佐藤浩一北海道大学大学院工学研究科教授)を派遣致しております。

調査速報ならびに調査団の構成は、土木学会ホームページの「災害速報(「03年十勝沖地震調査団」調査速報について)」
に掲載いたしております。

東海道新幹線に品川駅開業

セクション: 
|
ユーザー miyata の写真

本日(10月1日),東海道新幹線に品川駅が開業しました。

新駅の開業に伴うダイヤ改正により,東京〜大阪間の1日の上下本数は287本から291本に増え,特に「のぞみ」は75本から137本へとほぼ倍増します。新駅開業で東京南西部や神奈川県東部からのアクセス時間が20〜30分短縮され,「のぞみ」の値下げ効果も加わって,集客力が一気に高まる可能性があるということです。

また,品川駅周辺や大崎地区など,地域全体の活性化につながるとの期待も膨らんできました。

・平成15年10月1日 産経新聞[注1] 新幹線「品川駅」開業 トリプルメリットに期待膨らむ

注1: 「記事検索」で“品川駅”を検索して表示可

参考:
動き出す日。(JR東海)
品川駅開業詳細情報(JR東海)

堤防の2割が決壊の危険 増水時の一級河川

セクション: 
|
ユーザー miyata の写真

国土交通省が一級河川の堤防約2,000km分を調べた結果,約400kmで必要な強度が不足し,増水時に決壊する危険性のあることがわかりました。同省は対象を広げて調査を続けていますが,危険個所は最終的に全堤防の2割程度に達すると見られています。

・平成15年9月22日 読売新聞[注1] 堤防の2割が決壊の危険…増水時の1級河川

注1: 「記事検索」で“決壊”を検索して表示可

東京の地下鉄 路線記号と駅番号でわかりやすく

セクション: 
|
ユーザー miyata の写真

東京の地下鉄を外国人旅行者にもわかりやすく利用してもらいたいと,営団地下鉄東京都交通局は平成16年4月から,地下鉄の路線名と駅名について,アルファベットと数字を使った「路線記号」と「駅番号」を導入し,従来の駅名と並べて表記することを決めました。

また,利用者の意見やアイデアを取り入れたいと,営団と都交通局,国土交通省関東運輸局のホームページで,表示に関する具体的なアイデアなどを10月2日まで募集するそうです。

・平成15年9月20日 Yahoo! ニュース 東京の地下鉄「路線記号」と「駅番号」でわかりやすく

参考:
東京の地下鉄の路線名及び駅名の記号・番号による表示について(帝都高速度交通営団)
東京の地下鉄の路線名及び駅名の記号・番号による表示について(東京都交通局)
「東京の地下鉄の路線名と駅名に記号・番号の付与」についての意見等募集について(国土交通省関東運輸局)

民主党マニフェスト 公団廃止し3年以内に高速道路無料化

セクション: 
|
ユーザー miyata の写真

民主党は9月18日,次期衆院選に向け,政権を奪取したら実施する政策を示す「マニフェスト」(政権公約)の第一次草案を発表しました。3年以内に高速道路(首都高速道路など大都市圏を除く)の通行料を原則として無料化し,日本道路公団など2公団を廃止するということです。追加公約部分も含め,10月5日の自由党との合併大会で提示するそうです。
なお,約40兆円とされる道路関係四公団債務は主に道路特定財源を一般財源化し道路関連予算から返済に向けるとの案ですが,具体的な計画は合併大会まで先送りしました。新規路線の建設は国費で行うとしています。
また,自動車などのCO2発生源に対して,炭素含有量1トン当たり3,000円程度の税金をかける「環境税」の創設も盛り込まれています。

・平成15年9月18日 Yahoo! ニュース <民主党政権公約>3年以内の高速道路無料化など盛り込む

参考:
民主党マニフェスト第一次草案全文

(本記事に対するコメントは,「意見交換広場:高速道路の無料化について」へお願いします。)

警視庁がGISで交通事故発生状況を公開

セクション: 
|
ユーザー miyata の写真

警視庁は,東京都全域で発生した交通事故が一目でわかる「交通事故発生マップ」を作成し,9月19日から警視庁のホームページで公開を始めました。

交通事故発生マップ

GIS(地理情報システム)が使われており,1平方キロ当たりの事故の発生状況を9段階に分類しています。警視庁では,「通勤や通学の際,どこが危ないかを知り,事故防止に役立ててほしい」としています。

警視庁では平成15年5月から,GISによる「犯罪発生マップ」を公開しています。GISを利用した安全情報の提供は最近のトレンドになっており,他の地方自治体への波及が予想されます。

関連投稿:
警視庁がGISで犯罪発生状況を公開

基準地価12年連続下落 東京圏は持ち直し

セクション: 
|
ユーザー miyata の写真

国土交通省は9月18日,平成15年都道府県地価(基準地価)調査結果を発表しました。全国の平均地価は1991年をピークに12年連続で下落し,資産デフレが一段と進んだことを示しています。地方圏の下落幅が拡大する一方,東京都心部の住宅地では都心回帰の流れから,下げ止まり傾向が見られます。

・平成15年9月19日 産経新聞[注1] 基準地価12年連続下落 東京圏は持ち直し
・平成15年9月18日 産経新聞[注1] 基準地価12年連続で下落 地方圏では下落幅拡大

注1: 「記事検索」で“基準地価”を検索して表示可

参考:
土地総合情報ライブラリー(国土交通省土地・水資源局土地情報課)

全国19地域で通行料金引き下げの社会実験

セクション: 
|
ユーザー miyata の写真

国土交通省は9月17日,有料道路の通行料金を引き下げる社会実験の対象に,富山県の北陸自動車道滑川IC〜朝日IC間など19地域(第1回公募分)を選定しました。有料道路の通行料金引き下げによって,交通量や周辺道路の渋滞状況が,どのように変化するかを調べるということです。
例えば,北陸道の滑川IC〜朝日IC間では,朝の通勤時間帯の渋滞を緩和するため,11月中の3週間,普通車の通行料金を半額にするそうです。

・平成15年9月17日 Yahoo! ニュース 国交省が19地域選定 有料道の料金引き下げ実験
参考:
平成16年度道路局重点施策/?既存ストックを活かす弾力的な料金施策(国土交通省)
関連投稿:
JHの一般有料道路を買い取り無料化 東海四バイパスなど
意見交換広場:道路公団民営化―採算性のみで議論してよいのか
意見交換広場:高速道路の無料化について

9月13日〜16日、JSCE.jpサイトのメール機能障害について

セクション: 
|
トピックス: 
|
ユーザー komatsu の写真

JSCE.jp利用者各位、[2003-09-17 メール機能障害復旧作業完了]

2003年9月13日(土)〜16日(火)にかけて、このJSCE.jpサイトを運用しているサーバのメール発信機能に障害があり、この間、本来発信されるべき464通の通知メールが皆様に配信されませんでした。内訳は以下のとおりで、順次未配信メールを再配信しています。
 ・ユーザ登録完了のお知らせ:3通
 ・あなたの投稿を採用しました:2通
 ・コメントをつけました:2通
 ・記事が掲載されました:177通
 ・ウィークリーヘッドライン:280通
なお、障害の原因は、メール配信に関連するサービス・プロバイダ施設のセキュリティ対策実施時の設定ミスによるものです。現在は正しい設定がなされて、JSCE.jpのメール配信機能は正常に復帰しています。

建物直下のVOC汚染を浄化(東京ガス・鹿島建設)

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー tooru.takahashi の写真

東京ガスと鹿島建設が、ベンゼン等の揮発性有機化合物(VOC)によって汚染された地下水
を浄化する新しい工法「水平井戸を用いたエアースパージング工法」を共同で実用化しました。
建物直下の汚染であっても建物をそのままの状態で浄化が可能、通常の鉛直ボーリングを用いた方法に比べて2〜3割のコスト削減が可能などといった特徴があるそうです。

(参考:平成15年9月10日付け東京ガス・鹿島建設プレスリリース)
日本初!建物直下のVOC汚染を浄化「水平井戸を用いたエアースパージング工法」を実用化!

ページ

RSS - 一般記事 を購読