プライムコートを未施工の場合に起こり得る不具合を教えて下さい。

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

建築の技術者です。
舗装工事の協力業者様より『駐車場のアスファルト舗装にプライムコートは必要ない。』と言われましたが、調べると路盤と表層の密着性を得るために必要であると判断いたしました。
しかし、解らないのが『プライムコートを未施工の場合に起こり得る不具合』です。未施工の場合にどんな事象が起こり得るのか、実例や画像などありましたらご教授をお願いいたします。

ゼロメートル地帯市街地での掘削について

セクション: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

ゼロメートル地帯の市街地で、地下水位が高い場所に地盤から12mに地下構造物を構築するにあたって

周辺に及ぼす影響と防止法について教えて下さい。一つは

土留め → ボイリング → 土留めの根入を深くする

を思いついたのですが、それ以外、思いつきません。

他にんどんな影響と防止法がありますか。よろしくお願いします。

積算基準にある施工標準歩掛について。

セクション: 
|
トピックス: 
|
タグ: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

積算基準にある施工の標準歩掛についてですが、やはり地方自治体により独自の歩掛けはあるのでしょうか?あったとしてもこの歩掛けを担当者の個人の施工感覚で、歩掛け人数を減らして積算をすることがあるのでしょうか?全国的にどれくらいあるのかな??まして、国の補助金を使っての工事ですのでよけいにこと細かい減らす要因が必要だと思われますがどんなものでしょうか?

プラントルの極限支持力について

セクション: 
|
トピックス: 
|
タグ: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

とある教科書でプラントルの極限支持力は
qu={c・cosφ+γtbtan(45°+φ/2)}{tan^(45°(45°+φ/2)e^tanφ-1}
ここにφ=0とおくと
qu=(π+2)c=5.14cとなるそうなのですが、φ=0とおくと、qu=0になるのですがどこが間違っているのでしょうか?
わかる方いらっしゃったらお願いします。

デザインデータブックに記載の設計便覧とは

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

「’11デザインデータブック3-5横桁・対傾構換算曲げ剛性およびトラスの換算剛性p103」に
横桁の換算曲げ剛性の算出式が首都高速道路公団のものと設計便覧のものの2通り記載されているのですが、
この設計便覧とは何の設計便覧でしょうか。

出典を探しているのですが、見つかりません。

どなたか分かる方、お教えください。
よろしくお願いいたします。

床版支保工について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

鋼箱桁橋で床版がRCの場合、一般的に床版支保工の足掛かりは、下フランジ突出部に求めるのでしょうか。

また、下フランジ突出部に求めない場合、他にどのような方法で床版の型枠施工を行うのでしょうか。

どなたかお教えくださる方、よろしくお願いいたします。

橋面舗装について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

設計要領【道路編】 北陸地方整備局 8-7-2橋面舗装 p8-66 に

”排水性舗装の施工が増加しているが、橋面舗装には冬期路面対策の観点から適用しない”

との記述があるのですが、冬期路面対策とは具体的にはどのようなことでしょうか。

どなたかお教えいただけると助かります。
よろしくお願いします。

鋼曲線箱桁橋の側縦桁について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

鋼橋の曲線箱桁に設置する側縦桁の形状について教えてください。

側縦桁は、曲線なりに製作するのでしょうか。それともブラケット位置で折って製作するのでしょうか。
出典などもありましたらお教えいただけると助かります。

よろしくお願いします。

曲線長の計算単位

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

お世話になります。
曲線長の計算単位について教えてください。
交角が7度未満の場合は、その値を用いて計算により曲線長を求めますが、そのときの角度の単位は、整数、少数の別、四捨五入、切り捨ての別などどうされていますか?
回答宜しくお願いします。

鋼管矢板が入らない原因が分からないので教えてください。

セクション: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

鋼管矢板が入らない原因が分からないので教えてください。
以下の状況で今週の頭から、鋼管矢板の沈設を行っていますが、10m深で掘進不能に陥ります。。
原因が分からないので教えてください。
なお当方、周辺にノウハウがある者がおらず、現場に来ている下請企業さんもこんな経験があまりないと言って参っております。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

土質:細砂(シルト混り砂)
N値:6~15
鋼管矢板:径φ900(L-T継手) 長L=22.0m
工法:中掘船による中掘り工法
周辺環境:
①港の岸壁工事に係る土留め工事
②人家、添付が近く、低振動低騒音での施工が要求される。
③海へ環境配慮のため、汚泥の流出は最小限に抑えないといけない。

施工:
①先行掘削(φ2000オールケーシング)にて10m深まで置き換え済み
②引き抜き後、同じ箇所を試しにオーガスクリューにて掘削したところ、所定の深さまで容易に掘削できた。
③異なる箇所(約2.0m離れ)も鋼管杭の沈設を試みたが同様に8.0m深で掘進不能。オーガだけだと容易に掘削可能。
④注水、エアを注入し、先端の砂を乱しながらの掘削を試みたが掘進不能

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

[現在考えうる原因]
①緩い砂の体積による、周辺摩擦力の増加
②先行掘削完了深度付近で掘進不能になることから、先行掘削の影響による砂地盤の締め固め

[事例]
近接工事を行っている基礎工事業者によれば、昔隅田川で同様の経験がある。
当時はベントナイトを注入して、先端砂質土を緩め、施工できたことがある。

歩行者の交通量が多い道路

セクション: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

自転車歩行者道の設計を行っております。
道路構造令に明記されている「歩行者の交通量が多い道路」の
「交通量が多い」の具体的な数値を知りたいのですが、教えて頂けないでしょうか
宜しくお願い致します

切土の勾配について

セクション: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

初めて投稿します。
土工の切土勾配について知りたいのですが、「道路土工 切土工・斜面安定工指針」にでている標準勾配について、
 (1)粘性土で、           10m以下 1:0.8~1:1.2
 (2)岩塊または玉石混じりの粘性土で  5m以下  1:1.0~1:1.2
10m以下 1:1.2~1:1.5
とされている考え方を知りたいのです。
パッと見て、粘性土の方が切土勾配を起こしても大丈夫、としているようにみえるのです。そして、岩塊・玉石混じりの方が地山としては不安定とみているのか、と考えてしまうのです。
どなたかご教授ください。どうかよろしくお願いします。

道路幅員のまるめ

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー tokumei の写真

道路の幅員設定で、他の条件から決まる幅員の長さがmm単位になるため、切のいい数字に設定しようと思っています。その場合、一般的な丸め方は何cm単位でしょうか。
1cm単位や5cm単位など色々な考え方があるのでしょうか。
どなたかお教えください。よろしくお願いします。

粗骨材最大寸法について

セクション: 
|
ユーザー tokumei の写真

橋梁の上部工コンクリートの粗骨材最大寸法は25mm、下部工コンクリートの最大寸法は40mmと聞いたのですが、出典が見つけられませんでした。おそらく初歩的なことだと思いますが、知っている方、お教えください。よろしくお願いします。

現場打床版橋の養生期間について

セクション: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

お世話になります。
スパン12m、平均幅員2.5m、厚さ55cmの鉄筋コンクリート床版橋について、支保工解体までの適切な養生期間を教えてください。

ページ

RSS - 質問広場 を購読