仮設構造物 添接部の支圧応力度の考え方

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

お世話になります。
仮設構造物のボルト添接部の考え方についての質問です。

『道路土工 仮設構造物工指針』に以下の記載があります。
母材がSS400で、添接部のボルトがF10Tの場合のボルトの許容支圧応力度:355N/mm2
SS400の鋼材の許容支圧応力度:315N/mm2
ボルトを支圧接合として設計する場合、ボルトの許容支圧応力度355N/mm2を用いて行うようなのですが、鋼材の許容支圧応力度の方が小さいため、315N/mm2の方で設計した方が良いのではないかと思い質問させていただきました。
既存の計算書を確認すると、どれも355N/mm2となっているので、ボルトの許容値で設計するのは間違いはないと思うのですが、どのような思想でこの数値を用いているのでしょうか。

①F10TとSS400の組合せの場合、鋼材側の許容応力度も315N/mm2ではなく355N/mm2に高まる。
②母材は軸方向に十分長く、多少軸方向に破壊してもよいと考え、添接部はボルトが耐えられるかどうかで設計を行う。

分からないなりに理由を上記の2つ考えてみたのですが、調べても正解が分かりませんでした。
どなたかご存知の方ご教示いただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

高力ボルトの取外しについて

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

お世話になります。

橋梁に使用される高力ボルトの取外しについての質問です。
補修を行うために、トルシア形高力ボルト(M22)を何箇所か取り外したいのですが、部材が入り組んでいるため、なるべく薄い工具でナットを回したいと思っています。
この場合、径があえば、普通のスパナ(薄くて頭の形が”C”になっているだけのもの)でも取外しはできるのでしょうか。
それとも専用のレンチでないと取外しは不可能でしょうか。
もし締め付けるときと同じようなレンチで取り外さないといけない場合は、周辺部材が干渉してしまうことから、部材を一時撤去しなければならないです。
普通のスパナで外せれば、部材撤去の必要がないので質問させていただきました。

無知な質問とは思いますが、ご存知の方、ご教示ください。
よろしくお願いします。

RSS - 高力ボルト を購読