舗装道路の乳剤散布量について

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー hidori の写真

舗装道路の乳剤散布量について

国土交通省土木工事標準積算基準書(河川・道路編) 第1章 舗装工 ②-1 アスファルト舗装工 3-4-2 瀝青材料
瀝青材料の散布量は、次表による。
(100m2当り)
タックコート L 43
プライムコート L 126

というのは、他の質問によりわかりましたが
この、根拠の表?(昔見た記憶があるのですが)
舗装便覧、土木工事標準基準書などをネットにより探しましたが見当たりません
どなたか、できれば表がいいいのですが、その基準となるものがありましたら
教えていただけると助かります。

何卒よろしくお願い致します

コメント

ユーザー 匿名投稿者 の写真

「他の質問」にもしっかり書いてありますが・・・・・・・
http://jsce.jp/pro/node/4963

国土交通省土木工事標準積算基準書(河川・道路編) 第1章 舗装工 ②-1 アスファルト舗装工 3-4-2 瀝青材料
に書いてあります。

「他の質問」にもしっかり書いてありますが・・・・・・・
平成24年度(10月版)からの同書では、記載が削除されています。平成24年度(4月版)をご入手ください。
ネットでは入手できません。土木図書館等でお探しください。

自治体の資料でよければ、愛知県の資料が国交省に準じており、まだネットで入手できます。
http://www.pref.aichi.jp/kensetsu-kikaku/gijyutsu/tankadoboku.html
平成24年度 積算基準及び歩掛表(その2)
Ⅳ-1-②-3(PDF 14ページ)

問題提起ですが
そもそも舗装便覧等では
プライムコートの散布量は一般に1~2L/m2、タックコートの散布量は0.3~0.6L/m2が標準となっており
現場状況等に応じて替えるものです。

国交省や自治体の共通仕様書では、「設計図書によるものとする」となっているのが大部分ですが
積算基準書に、プライムコート 126L/100m2 タックコート 43L/100m2 と明記されていたので
散布量は設計図書から省略されていることがほとんどでした。

しかし、平成24年度10月から積算基準が施工パッケージに変わり、
乳剤散布量が積算基準上から削除されてしまいました。
そのため、今回の質問のようなトラブルが発生していると考えられます。

発注者にあっては、設計図書に記載すると明記しているのですから、
専門家のヒアリングを仰ぐ等して、現場に応じた適切な散布量及び公差を明記するべきだと考えます。