グラウンドアンカーの鋼材の種類について

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

積算基準において、①PC 鋼線より線、②複合 PC 鋼線より線束、③PC 鋼線より線(工場組立) という区分がありますが、この違いがわかりません。
(SEEEは②だと思うのですが、③であるとも思われます。KTBは①だと思います。)
また、②の「複合」の意味が不明であるため、これについてもご存じの方、教えて頂けないでしょうか。
以上2点よろしくお願いします。

コメント

ユーザー Tomoyuki Nakasuji の写真

PC 鋼線より線;
 例.Kurosawa Tensioning and Bearing cone system(残置式:7本より線JIS SWPR7B、下記のlink先の5,6頁目))
http://www.ktb-kyoukai.jp/pdf/20170907-kasetsu-170820.pdf
複合 PC 鋼線より線束;
 多重よりPC鋼より線(Societe d'Etudes et d'Equipements d'Entreprisesに拠るpost tension工法で、sleeveを冷間押出し圧着して定着する方式でPC鋼線
φ4、PC鋼より線φ9.5,11,1,12.7[mm]を7本(SWPR・7B-7)又は19本(SWPR・7B-19)組合わせる。)
http://www.seee-association.org/data/01.html
を応用した、ポリエチレンで被覆した複合よりPC鋼より線に、両端にマンションを圧着した構造(下記のlink先の2頁目)
http://www.se-kankyobosai.jp/mailmaga/2015/SE-tuushin_201502.pdf
PC 鋼線より線(工場組立);
 下記のlink先の「国土交通省施工package型積算基準、29頁目」の注に、「PC 鋼線より線をすべて工場で組立・加工する場合は,アンカー鋼材の現地加工・組立
は含まない。」とあります。
https://www.mlit.go.jp/tec/sekisan/sekkei/pdf/250701sekoupackage9.pdf
参考文献
岡田清・伊藤和幸・不破昭・平澤征夫:鉄筋コンクリート工学、pp149-154、1998.3