(国研)国立環境研究所職員(研究員)公募のお知らせ(その1)

セクション: 
|
ユーザー OTSUKA KOJI の写真

(国研)国立環境研究所職員(研究員)の公募について

国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センターでは職員(研究員)の公募を行っています。
ご検討のうえご応募頂きますようよろしくお願いいたします。

【研究テーマ】資源循環・技術開発又は循環型社会システム設計・評価に関する研究
【所属】国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター
【募集人数】研究テーマ型任期付研究員(テニュアトラック) 1名
【研究内容】世界における環境や資源・エネルギー制約の問題、日本においては新興国の台頭による産業の空洞化の進行、少子高齢化による人口減少時代への移行、情報化社会が進む一方で無縁社会といった人のつながりの希薄化など、社会情勢は大きく変化してきている。そのような中で、私たちにはどのような将来の「循環型社会」を目指せばよいのかが問われている。そこで本研究では、低炭素社会や自然共生社会と統合的に循環型社会づくりを進め、地域循環共生圏の形成やプラスチック資源循環などの素材別3Rに係る戦略や技術・システムを含む将来の循環型社会の形成に向けて基盤となる調査研究を推進する。
以下に、本研究で特に期待する具体的な研究テーマを例示するが、他にも関連する幅広い研究テーマを範囲とする。なお、以下の研究テーマ例の後の括弧書きは、想定する主な専門分野である。
 ① 廃棄物等からのエネルギー化(Waste-to-Energy)技術の開発とその技術システムの構築(環境工学、土木工学、化学工学、機械工学など)
 ② 材料工学的手法に基づく素材の3Rにおける有害物質等の挙動解明とリスク低減に向けた素材3R戦略の提案(材料工学、分析化学、環境化学など)
 ③ 物理化学的及び生物化学的方法等による生活排水処理技術の開発とシステム評価(環境工学、化学工学、土木工学、生物工学など)
 ④ プラスチック資源循環戦略に資する技術開発・評価及びシステム評価、ならびに政策設計・評価(関連する工学、理学、社会科学など)
 ⑤ 多様な価値づくりのための地域循環共生圏形成に資する資源循環システムの統合研究(環境学、システム工学、社会工学、環境経済学、社会心理学など)
 ⑥ ビッグデータやAI等の情報技術を活用した循環型社会形成に資するシステム開発(情報科学、数理科学、他関連する工学など)
 ⑦ 将来の国内外の資源循環・廃棄物管理ビジョン実現に向けた政策デザインとその評価(社会工学、システム工学、行政学、法学、環境経済学など)
 ⑧ 持続可能な循環型のライフスタイル及び社会への転換手法の設計と評価(環境学、環境教育学、社会心理学など)
【応募締切】令和元年11 月22 日(金)必着
【雇用予定時期】令和2 年4 月1 日以降、出来るだけ早い時期の着任が望ましい。

詳しい公募の内容と応募書類の書式は次のサイトをご参照ください。

http://www.nies.go.jp/osirase/saiyo/190926-1.pdf