下水道取付管をマンホールに直付けした場合のステップ

セクション: 質問広場
ユーザー 下水道初心者 の写真

下水道初心者です。

取付管をマンホールに直付けする場合は、ステップなどは考慮した方が良いのでしょうか?
もし必要であれば、塩ビ小口径MHやCo組立MHなどのマンホールの種類によって
変えた方が良いのでしょうか?
ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

コメント

コメント表示オプション

お好みのコメント表示方法を選び「設定の保存」をクリックすると変更が反映されます。

#2968 質問が意味不明です

ユーザー 匿名投稿者 の写真

マンホールとは原義は人が通るところ。
つまり、蓋を開けた場合の穴を指します。
どうやってつけるのですか。
蓋を開けたまま空中に浮かすのですか
それとも蓋に配管を接続するのですか(時たまやる人がいますが、蓋を二度とあけられません)

#2971 「意味不明です」が意味不明です

ユーザー 匿名投稿者 の写真

質問者の方は取付管をマンホールの躯体に接続する際の方法を問われていますよ。

あなたは、マンホール口環の部位のみを指して「マンホール」と定義していますね。
それだとmanholeじゃなくてmanhoopですね(そんな言葉があるのか知りませんが)

#2970 取付管の件

ユーザー 匿名投稿者 の写真

施工業者である私の経験からのアドバイスですが、マンホールのステップの位置、インバートの切り方、蓋の開閉方向などは発注者の担当者によって考え方が違っているようです。そこで考慮すべき事項と参考資料ですが、
?そもそも、取付管をマンホールに直結することを認めない場合があるので、確認が必要。
?参考資料としては、
 開発指導要綱 神戸市
  http://www.city.kobe.jp/cityoffice/30/013/sidouyoukou.htm 

 下水道設計標準図 堺市
  http://www.water.sakai.osaka.jp/zigyou/ge_siyozu.html

などが役にたつと思います。

 最後に、下水道は管理者(市町村の下水道課)に移管すると思いますが、下水道管理の責任分担としては、本管から宅地の取付桝までが移管先の管理区分であるのが一般的だと思うので、適切な設計基準が見つからない場合は、移管先に事前相談することをお勧めします。