人道橋の橋梁点検車使用について

セクション: 
|
ユーザー horotomaasi の写真

お世話になります。
橋梁定期点検業務にて,人道橋(群集荷重3.5kN/m2)の点検時に橋梁点検車を用い点検をすることが可能なのでしょうか。
橋梁点検車の総重量としては,7,940kgです。どなたかご経験のある方,詳しい方ご教示願います。

コメント

ユーザー 匿名投稿者 の写真

7,940kgを車両の占有面積で割ってやれば3.5kN/m2以上になると思います。

ユーザー 匿名投稿者 の写真

当方、ド素人ですが・・・
パッと考えても、無理だとわかるのでは。

橋梁点検車の車体大きさは、長さ6m×幅3m程度でしょうから、6×3=18m2程度
1m2当たり3.5kN→350kg載せられると単純に考えても、18×350kg=6,300kgまでで、
車体重量7,940kgではオーバーしてしまいます。

さらに橋梁点検車ならアウトリガーを張り出して使うんでしょうから、
接地部分が点荷重となり、もっと悪い条件になってしまうでしょう。

どうしても橋梁点検車を使えるか検討したいなら、
その橋の構造に合わせて荷重計算(強度計算)が必要でしょう。
そこまでするより、
一般的には足場を設置して点検したほうが話が早いと思われますが、いかがでしょうか?