ボックスカルバート工に基礎砕石が必要なわけは

セクション: 
|
タグ: 
ユーザー fujiyoru の写真

ボックスカルバート1000*1000の据付に厚さ200㎜の再生クラッシャラン40㎜が設計に上がっています。この再生クラッシャラン40㎜を単粒度砕石30-40へ変更するにあたり,どういった資料,試験成績表が必要になるのでしょうか?

コメント

ユーザー 匿名投稿者 の写真

なんでわざわざ単粒度砕石に変更するんですか?
再生クラッシャランのほうが(RC-40)のほうが入手しやすいし、安価だし、変更する理由が無いと思いますが・・・
単粒度のメリットと言えば水はけの良さくらいですが、もともとRC-40の設計だったんですよね?それならRC-40でやりゃいいんじゃないですか?

ユーザー 匿名投稿者 の写真

基礎砕石の目的は構造物の反力を地盤に均等に伝えることです。
そのためには基礎砕石は締固めを行なうことが重要ですが、単粒度砕石ではどれだけ転圧してもRC-40程には締固めができません。

単粒度砕石へ変更したいとのことですが、それを説明できる資料,試験成績表をそろえることは不可能であると考えます。

ユーザー 匿名投稿者 の写真

単粒だと締め固まらず、フワフワじゃないですか?