公開シンポジウム「われわれは巨大地震にどう備え どう向き合う べきか」開催のお知らせ

セクション: 
|
ユーザー Kansai University の写真

 本シンポジウムは、(独)環境再生保全機構 環境研究総合推進費3K153008「巨大地震による震災廃棄物に関わる社会リスクをふまえたサスティナブルな適応策評価」の一環で行うものです。
 本補助金は、2015年度から3年間継続して取組んでおり、今年度は最終年度を迎えます。
 今後の巨大地震に対するサステイナブル(持続可能)な対応策の提言をする予定ですので、皆様には、是非シンポジウムにご参加いただき、交流を深めて参りたいと存じます。
 皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 詳細は、チラシ(https://goo.gl/3LgC8A)および下記をご覧ください。

-----------------------------------------------------------------------------
 公開シンポジウム「われわれは巨大地震にどう備え どう向き合うべきか」開催概要

 【日 時】 2018年1月26日(金)13:00~16:00
 【場 所】 関西大学 梅田キャンパス 8階 KANDAI Me RISEホール
 【申込方法】 ①お申込みフォーム
         http://bit.ly/2zTDzmN
         上記URLよりお申込みフォームへアクセスしてください。

        ②メール
         hojyokin@ml.kandai.jp
         メールにてお申込みされる方は、上記アドレスに件名を「1月26日
         シンポジウム参加希望」として必要事項(氏名・所属・メールアドレス・
         電話番号)を記載のうえ、お申込みください。

        ③お電話
         06-6368-0113 (平日9:00~17:00)
         関西大学研究支援・社会連携グループ 担当:稲山

 【参加費】  無料(要事前申込)
        ※当日、お申込みなしの参加も可能です。 

 【主 催】  関西大学
        平成 29 年度 環境研究総合推進費 3K153008
        「巨大地震による震災廃棄物に関わる社会リスクをふまえた
        サステイナブルな適応策評価」  

【プログラム】 
  ■ 開会/挨拶 石井 克明(一般社団法人国際環境研究協会・
          環境研究総合推進費プログラムオフィサー)

  ■ 報告1  ST1 震災・社会リスクをふまえたレジリエント政策の評価
            北詰 恵一 (関西大学 環境都市工学部 教授)
            小林 晃  (関西大学 環境都市工学部 教授)

        ST2 震災被害想定に応じた震災廃棄物量のコンティンジェント推定の評価
            尾﨑 平  (関西大学 環境都市工学部 准教授)
            盛岡 通  (関西大学 先端科学技術推進機構 研究員)

        ST3 震災廃棄物と再資源化物の輸送にかかる脆弱性と輸送効果の評価
            秋山 孝正 (関西大学 環境都市工学部 教授)
            井ノ口 弘昭(関西大学 環境都市工学部 准教授)

        ST4 社会リスク評価を介した震災廃棄物の処理・リサイクル拠点の適地評価
            厳 網林  (慶應義塾大学 環境情報学部 教授)
            古谷 知之 (慶應義塾大学 総合政策学部 教授)

        ST5 震災廃棄物の環境上適正な資源化技術の開発と評価
            鶴田 浩章 (関西大学 環境都市工学部 教授)
            上田 尚史 (関西大学 環境都市工学部 准教授)

  ■ 報告2  「巨大地震による震災廃棄物に関わる社会リスクをふまえた
         サステイナブルな適応策評価」
         北詰 恵一(関西大学 環境都市工学部 教授)

  ■ 閉会/挨拶 吉田 宗弘(関西大学 研究推進部 部長/化学生命工学部 教授)

-----------------------------------------------------------------------------
 
 何かご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせ下さい。

 <問い合わせ先>
関西大学 研究支援・社会連携グループ 担当:稲山  
Email: hojyokin@ml.kandai.jp 
TEL:06-6368-0113