新しいコメントの追加

ユーザー kensuke.szk の写真

施工中に引き抜き不能な状況が発生した場合は監督員に「実際に引き抜きができない」状況を確認してもらい設計変更するのが一般的です。
こういう場合は立会いが大切で、機械をランクアップして施工してしまってから変更をお願いしてもお互いに困るだけです。

たとえ想定をしても「と思います」としか言えません。確認するには掘ってみるかボーリングをするかなどありますが現実にはほぼ行いません。
想定で良ければ、転石で先端が損傷し曲がっているかもしれませんし、ボーリングより実際の打込み箇所のN値が高い、存置期間が長く矢板同士が固着している、土が締まって硬化した。
など、いくつかが考えられますが、わかっても抜けません。私なら立ち会い後引き抜きしたものを見て「〇〇でしょうかね?」と言います。

匿名で投稿する場合は空欄にしてください。

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問はあなたが人間かどうかをテストし、自動化されたスパム投稿を防ぐためのものです。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.

コメントする上での重要事項

  • 内容を的確に表した表題をつけてください。
  • テーマ、論点に沿ったコメントをつけてください。
  • 投稿する前に他の人のコメントを読んで、内容の単純な重複を避けるようにしてください。
  • コメントは投稿後に修正および削除できませんので、プレビューボタンを使って間違いがないか確認してください。

ユーザ登録またはコメントの投稿に問題が発生した場合は、システム管理者へ問い合わせしてください。