新しいコメントの追加

ユーザー nakagawa の写真

中川@企画委員会担当です。

(簡単に書けばいいのですが、長くてすみません。)

現在、企画委員会では、「社会への貢献と連携機能の充実」という目標を示したレポートを学会内関連委員会に内示しています。(今年の6月頃、会員の皆さんにも提示されると思います。)

ここでは、土木学会は「社会に貢献できるソリューション提供型学会をめざす」とうたっています。つまり、「ちょっとでも土木に関連するとおもったら、何でも聞いてください」のスタンスです。現在、JSCE.jp上では200人程度の登録規模ですが、現会員の4万2千人の登録・協力が得られれば、何らかの形で実現できるでしょう。

一方で、教科書や雑誌に答えが出ていることや、個人的な利益に帰することをこの場で議論することは考え物です。そのあたりは、担当編集者の間で意思統一ができています。このあたりの明文化はまだ運営サイドで進めていない部分ですので、今後検討しますが、各自や編集者で判断できることでもあり、優先度は比較的低いと考えます。

匿名で投稿する場合は空欄にしてください。

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問はあなたが人間かどうかをテストし、自動化されたスパム投稿を防ぐためのものです。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.

コメントする上での重要事項

  • 内容を的確に表した表題をつけてください。
  • テーマ、論点に沿ったコメントをつけてください。
  • 投稿する前に他の人のコメントを読んで、内容の単純な重複を避けるようにしてください。
  • コメントは投稿後に修正および削除できませんので、プレビューボタンを使って間違いがないか確認してください。

ユーザ登録またはコメントの投稿に問題が発生した場合は、システム管理者へ問い合わせしてください。