新しいコメントの追加

教授の公募(広島大学大学院工学研究科社会基盤環境工学専攻)

セクション: 
ユーザー TsuchidaT の写真

1.所属(配属) 広島大学学術院(大学院工学研究院,社会基盤環境工学専攻)
2.職名・人員 教授1名
3.採用予定年月日 平成30年 4月 1日
4.専門分野
 社会基盤施設を対象とした材料力学,構造力学,構造動力学に関する教育・研究.特に,新材料,高耐久性材料の開発やモニタリング技術を活用した構造物の維持管理,長寿命化,地震防災・減災技術に関わる分野横断的な研究.
5.担当科目
 学士課程(専門科目): 材料力学,構造力学,エネルギー原理,橋梁と耐震,社会基盤環境工学実験,社会基盤環境デザイン
 大学院博士課程前期:構造力学特論,維持管理工学特論,社会基盤環境工学セミナーIおよびII,社会基盤環境工学講究IおよびII
 大学院博士課程後期:社会基盤環境工学講究III,IVおよびV
 *この他に,教養教育科目や他の学部・大学院の専門教育科目,全学事業も担当することがあります.
6.応募資格
 次の要件をすべて満たす者
(1)博士の学位または外国のPh.D.を有すること。
(2)専門分野における十分な研究業績があり,大学院博士課程後期の教育・研究指導を担当できること。
(3)英語で教育・研究指導ができること。
7.応募書類
(1)履歴書(様式1)
   *過去5年間に広島大学で雇用(TA,RA,研究員等を含む)されたことがある場合は,全て漏らさず記載してください。
(2)業績リスト(様式2)
(3)最近10年間の科学研究費補助金・各種競争的外部資金の代表者としての取得状況(様式3)
(4)現在までの研究の内容と成果(研究論文と対応させて記載すること)(様式4)(A4用紙2枚以内)
(5)今後の研究計画(A4用紙1枚程度)(様式5)
(6)教育に対する抱負(A4用紙1枚程度)(様式6)
(7)主要原著学術論文の別刷 10編以内(コピーも可)
(8)上記すべての書類は紙媒体と共に,CD-R/RW, DVD等に記録したものを郵送すること
 応募書類の様式は,以下のURL からダウンロードすることが可能です。(様式の指定があるものについては,必ず指定様式を使用して作成してください。)
  https://www.hiroshima-u.ac.jp/employment/kyoinkobo/eng
8.応募締切 平成29年9月29日(金)17:00(日本標準時)必着
9.応募書類送付先および問合せ先
 〒739-8527 広島県東広島市鏡山 1-4-1 広島大学学術院(大学院工学研究科社会基盤環境工学専攻)教授 土田 孝
  電話:082-424-7784,E-mail: ttuchida@hiroshima-u.ac.jp
   〔応募書類は簡易書留で,封筒表面に「社会基盤環境工学専攻(教授)応募書類在中」と朱書きの上,郵送して下さい。〕
10.選考方法
(1)書類選考の上,日本語・英語で面接・模擬授業を行います(面接の旅費は,応募者の負担となります)。
(2)広島大学は男女共同参画を推進しています。本学は「男女共同参画社会基本法」の趣旨に則り,業績(研究業績,教育実績,社会貢献等)及び人物の評価において優劣をつけがたいと認められた場合は女性を採用します。
11.給与等
 (1)採用になった方には,月給制が適用されます。
 (2)採用となった方には,本学の規則に基づき,採用に伴う旅費を支給できる場合がありますのでお問い合わせ下さい。
12.評価
 本学の教員には,採用以降の業務実績について個人評価を行い,その結果を点数化し,処遇へ反映しています。

匿名で投稿する場合は空欄にしてください。

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問はあなたが人間かどうかをテストし、自動化されたスパム投稿を防ぐためのものです。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.

コメントする上での重要事項

  • 内容を的確に表した表題をつけてください。
  • テーマ、論点に沿ったコメントをつけてください。
  • 投稿する前に他の人のコメントを読んで、内容の単純な重複を避けるようにしてください。
  • コメントは投稿後に修正および削除できませんので、プレビューボタンを使って間違いがないか確認してください。

ユーザ登録またはコメントの投稿に問題が発生した場合は、システム管理者へ問い合わせしてください。