建設発生土(捨石)の搬出について

セクション: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

建設発生土(捨石)の搬出について「搬出者側が運搬費用を負担する」と明文化されたものはないでしょうか。

今年の下半期に、国庫補助対象のA現場(搬出側)で掘削に伴う捨石が5,000m3程度発生します。
同じ発注者の同じく国庫補助対象のB現場(受け入れ側)で基礎に捨石が30,000m3必要なため、A現場の費用で、B現場に持きます。
ところが補助率がA現場(50%)の方がB現場(40%)よりも補助率が良く、 会計検査で「A現場の費用で搬出すればB現場の費用で搬出するよりも、発注者側が得をするではないか。」と指摘される可能性があります。
通常「搬出者が運搬費などの搬出費用を負担する」のが慣例だと考えているのですが、この考えが間違っていなかったらそれについて(そんなものはないと思いますが)明文化されたものはないでしょうか。
または「搬出する側はいらない。」「受け入れ側は経済的かつ必要。」なのだから、通常は折半ではないか。
など、他の意見があればお教え下さい。よろしくお願いいたします。

コメント

ユーザー 匿名投稿者 の写真

なるほど、納税者としたら同じ税金なんだからどうでもいいような気がしますが、いろいろ大変なんですね。

積算上では、
A現場の費用で運搬する場合
A現場費用【A現場内(掘削・積込)】⇒⇒⇒(ダンプA現場~B現場間運搬)⇒⇒⇒【B現場内へ仮置き】
B現場費用【B現場内(ルーズな状態の積込)→(ダンプ現場内運搬)(基礎工に利用)】

B現場の費用で運搬する場合
A現場費用【A現場内(掘削・積込)(ダンプ現場内運搬)→A現場内へ仮置き】
B現場費用【A現場内(ルーズな状態の積込)⇒⇒⇒(ダンプA現場~B現場間運搬)⇒⇒⇒【B現場内(基礎工に利用)】

となると思いますが、
どのみち工事間利用をするためには、どこかに一時仮置きをする必要があるので、仮置きスペースや仮置き期間を考慮しないといけません。
例えばA現場の状況が、仮置き保管しておくスペース等がなければ、B現場など外に搬出しないといけないでしょうし
逆にA現場の施工中に、まだB現場が仮置きできる状況になっていなければ、A現場の中に仮積みしておく、という状況になるかもしれません。
他にも、A現場とB現場の中間付近にある発注者の官地に仮置きしておく、という案もあります。これならちょうど折半となりますね。

総合的に勘案して、妥当な運搬計画であれば、会計検査院も指摘はしないと思います。
よくご検討ください。