土の湿潤重量と飽和重量の関係

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

お世話になっております。

どうしてもわからず、どなたか教えてください。

以前、下記内容の投稿があったかと思いますが、
水中重量は湿潤重量から9(kN/m3)(0.9t/m3)を差し引いた値が一般的ではないでしょうか?
飽和重量 湿潤重量+1(kN/m3)(0.1t/m3)
水中重量 飽和重量-10(kN/m3)(1.0t/m3)
   ここに水の単位体積重量は10(kN/m3)(1.0t/m3)
よって水中重量は
「湿潤重量-9(kN/m3)(0.9t/m3)」

上記で、飽和重量が湿潤重量+1の+1(kN/m3)の課程?根拠がわかりません。
土質工学・力学の本を見ても、どうしてもわかりませんでした。
一律+1なのでしょうか?
どなたか助けてください。

コメント

ユーザー hirahira6014 の写真

詳細な理由はもっと詳しい方の解説を待つことにして、

とりあえず、一般的な?数値で試算しました。

仮定値
 比重 2.6
 間隙率 0.35
 飽和度 0.8

試算結果
 湿潤重量=19.7kN/m3
 飽和重量=20.4kN/m3

おおよそ10kN/m3程度となります。

仮定値・計算式は伊藤教授の土質力学(ネットで検索して下さい)によりました。

ユーザー 匿名投稿者 の写真

上記の計算例にあるとおり、一般的な湿潤土が、飽和度80〜90%程度であるからではないでしょうか?
道路橋示方書の一般的な単位体積重量も地下水位以下は9(kN/m3)を引くことになっています。

ユーザー 匿名投稿者 の写真

-0.9tf/m3という式が書物に方法として掲載されたのは、昭和35年頃の名神・東名高速道路の設計施工に関する手書きの書物にあります・・・内容については旧日本道路公団に問い合わせされたい