鉄筋断面係数KSとコンクリート断面係数KC

セクション: 
|
ユーザー 匿名投稿者 の写真

鉄筋断面係数KSと
コンクリート断面係数KCの関係に

KS=x/n(d-x)・KC

という関係が成り立つようですが
これはどのような経緯から導かれるの
でしょうか

コメント

ユーザー Tomoyuki Nakasuji の写真

 曲げモーメントMを受ける複鉄筋コンクリートの使用限界状態(許容応力度)設計による、圧縮縁コンクリートおよび引張側主鉄筋の応力度は、それぞれ、
 σc'=x・M/Ii=M/Zc'
 σs=n(d-x)・M/Ii=M/Zs
 ここに、Ii:コンクリート換算断面2次モーメント
     d:有効高さ
     x:圧縮縁から中立軸までの距離
     Zs:引張側主鉄筋での断面係数
     Zc':コンクリート圧縮縁での断面係数
     n:ヤング係数比
となる。よって、
 Zs/Zc'=x/[n(d-x)]
となる。