新しいコメントの追加

ユーザー Tomoyuki Nakasuji の写真

 土質力学では、飽和度(Sr)は、
 Sr=Vw/Vv・・(1)
 ここに、Vv:間隙の体積[m3]
     Vw:間隙水の体積[m3]
で定義され、地下水位以下では、Sr=1と仮定されています。地下水位以上では不飽和、すなわち、01でないと説明がつきません。これは、早大 小峯教授から助言されました。現設計基準では、当研究は反映されるに至っていない。
となり、これは、Terzaghiが提唱した、土粒子が骨格を形成して土粒子間に働く有効応力(σ'[kN/m2])の原理
 σ'=σ-u・・(3)
 ここに、σ:全応力[kN/m2]
     u:間隙水圧[kN/m2]
に対応します。

匿名で投稿する場合は空欄にしてください。

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問はあなたが人間かどうかをテストし、自動化されたスパム投稿を防ぐためのものです。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.

コメントする上での重要事項

  • 内容を的確に表した表題をつけてください。
  • テーマ、論点に沿ったコメントをつけてください。
  • 投稿する前に他の人のコメントを読んで、内容の単純な重複を避けるようにしてください。
  • コメントは投稿後に修正および削除できませんので、プレビューボタンを使って間違いがないか確認してください。

ユーザ登録またはコメントの投稿に問題が発生した場合は、システム管理者へ問い合わせしてください。