新しいコメントの追加

京都大学生態学研究センターと特別講座

セクション: 
ユーザー kenta kawamura の写真

京大オリジナル株式会社の川村と申します。
※京大オリジナルはコンサルティング事業、研修・講習事業を実施する
京都大学の事業子会社として、平成30年6月1日に設立されました。

この度、京都大学生態学研究センターとの共催で、
東京にて特別講座、
「生態学・生物多様性科学の基礎と応用」
~SDGs達成に向けて科学的に自然を知る~
を開催することになりました。

本講座では、生態学に関する網羅的な知識や研究事例を紹介します。

「SDGsが大切なのは分かるが、具体的に
どう取り組めばいいのかが分かりにくい」という声が度々聞かれますが、
まずは生態学・生物多様性科学の基礎を知ることが第一歩であり、
それを応用していくことがSDGs達成に向けては必要不可欠です。

本講座は、生態学が取り組むべき分野横断的研究において、
過去20数年にわたり中心的研究機関として従事してきた
京都大学生態学研究センターの叡智を結集した講座となります。

生態学(水域生態系、陸域生態系、生態学的解析)について、
短期間で正しい知識を習得したいとお考えの方、
あるいは知識を体系的に整理し、実践力を強化したいとお考えの方
の参加をお待ちしております。

●詳細、申し込み
https://www.kyodai-original.co.jp/?p=1506
各回ごと 1企業・各種法人(1名)30,000円(税込)

●日程
【第1回】2018年12月13日(木)13:00~19:00
『水域生態系の仕組みと機能』
※実施終了

【第2回】2019年1月17日(木)13:00~19:00
『陸域生態系の仕組みと機能』
・教授 石田 厚 植物生理生態学、樹木生理学
・准教授 酒井 章子 植物生態学、熱帯生態学
・准教授 東樹 宏和 生物間相互作用、生物多様性

【第3回】2019年2月18日(月)13:00~19:00
『生物多様性の理解に向けての実践的アプローチ』
・副センター長教授 山内 淳 数理生態学
・教授 工藤 洋 植物の適応進化に関する分子生態学
・教授 木庭 啓介 安定同位体を用いた生態系解析

●開催場所
京都アカデミアフォーラム in 丸の内
(東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディング10階)

匿名で投稿する場合は空欄にしてください。

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問はあなたが人間かどうかをテストし、自動化されたスパム投稿を防ぐためのものです。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.

コメントする上での重要事項

  • 内容を的確に表した表題をつけてください。
  • テーマ、論点に沿ったコメントをつけてください。
  • 投稿する前に他の人のコメントを読んで、内容の単純な重複を避けるようにしてください。
  • コメントは投稿後に修正および削除できませんので、プレビューボタンを使って間違いがないか確認してください。

ユーザ登録またはコメントの投稿に問題が発生した場合は、システム管理者へ問い合わせしてください。