視距の確保について

セクション: 
ユーザー 匿名投稿者 の写真

視距を確保するために曲線の内側に設ける空間の境界線(包絡線)についてご教授いただきたい事があります.

クロソイド緩和区間を有する曲線の視距の確保について

 「道路構造令の解説と運用 平成27年6月」P395 (2)直線と円またはクロソイドが接続している場合

  図面上に実際に落してみることによって,のり面等の切取り部分等を得ることができる.

とありますが実際に作図しようとした場合,車道中心線は道路中心線のクロソイドの平行線または
拡幅を含むクロソイドの拡幅曲線になるため計算で包絡線を結ぶことができないと思います.

このような場合,皆さまはどのような方法で作図されているのでしょうか.

コメント

ユーザー FHH の写真

自己レスです.

私が今試している方法は, 「道路構造令の解説と運用 平成27年6月」 P386 図3-55 を参考に
車線中心線に近似する線形を作成してその線計上で点Aと点Bを結ぶ線を,KA1-1~KE1-1~KE1-2~KA1-1まで2mピッチで作成しました.

視距の基準となる車両は乗用車であるので普通自動車より内側を通ることを考慮して車線中心線は(車線幅員+拡幅)/2で考えています.

視距確保の考え方として明確な資料を見つけることが出来なかったためこのよう方法をとっていますが,見当はずれな事をしていないでしょうか.

ユーザー FHH の写真

再度自己レスです.

 道路区分: 第3種 第3級,普通道路
 車線数:  対向2車線

縦断勾配は小さいため,平面線形に対しての視距を検討しています.